1月16、17日に行われた大学入学共通テストでは、「鼻出しマスク」が話題になった。報道によれば、鼻出しマスク姿で受験していた男性が、試験監督から鼻までマスクするように指示されたが、拒否し続けたため失格になった。

 また、店舗で働く従業員の安全を確保するため、小売りチェーン各社は来店客に対して正しくマスクを着用するよう呼び掛けている。

 厚生労働省では、正しいマスクの着用方法として「鼻と口の両方を確実に覆う」「ゴムひもを耳にかける」「隙間がないよう鼻まで覆う」ことを挙げている。鼻出しマスクはビジネスのシーンでも許されなくなってきているといえるだろう。

●調査結果は?

 NEXER(東京都豊島区)が運営する日本トレードリサーチは1月26日、「マスクの着用に関するアンケート」調査の結果を発表した。

 「普段、外出する際にマスクを着用していますか?」と尋ねると、「必ず着用している」(86.0%)が最も多く、「だいたい着用している」(10.7%)、「着用していない」(1.7%)、「あまり着用していない」(1.6%)と続いた。

 マスクを着用していると回答した人に、その主な理由を聞くと「自分の感染予防と飛沫防止」(69.8%)が最も多く、「自分の感染予防(人からうつされないように)」(23.4%)、「自分の飛沫防止(人にうつさないように)」(5.6%)と続いた。

 なお、「その他」と回答した人は1.2%だったが、どんな理由から着用しているのか。回答者からは「世間の目が気になるので」(40代・男性)、「めんどくさくて本当はしたくないが、周りの目があるからしている。パフォーマンスです」(30代・女性)、「しても無駄だと思うが、していないと非難の目で見られるから」(60代・男性)といった声が寄せられた。

●腹が立つ人の割合

 マスクを外出時に着用していると回答した人に対し、「マスクを正しく着用していない人や、着用していない人を見ると、腹が立ちますか?」と尋ねると、「はい」が59.9%だった一方、「いいえ」は40.1%という結果になった。

 「はい」と回答した人からは、「自分のことしか考えてないみたいで不快」(50代・女性)、「全員でルールを守って成果が出るもので、一握りのルールを守らない人間が感染を広め、死者が増加するのをまともな人間であれば許せるわけがない」(60代・男性)、「接客業なのでとても気になる。仕事だとそういう人を見つけても避けられない」(30代・女性)といった声が寄せられた。

 腹が立たないと回答した人からは、「マスク自体あまり意味がないと思っているから」(10代・女性)、「他人がどんなマスクの使い方をしていても気にならない。そういう人の近くに寄らなければいい」(70代・男性)、「メガネが曇る、呼吸器疾患があるなど、マスクによる障害があるのは確かであるし、そういう人とは距離をとれば大丈夫だから」(20代・女性)といった声が寄せられた。さまざまな理由でマスクを着けられない人もいるという認識は、ある程度広まってきているようだ。

 今回の調査は、1月23〜25日にインターネット上で実施した。集計回答人数は2600人だった。