8月10日、東京都内のTOC五反田メッセにて、「自費診療」をテーマにして医科・歯科を横断する「自費研フェスティバル2019」が開催され、一般社団法人「予防医療普及協会」の理事を務めるホリエモンこと、堀江貴文氏と同協会の顧問である鈴木英雄医師との「予防医療のミライ」と題した対談が実施された。

 前編記事「ホリエモンが「ピロリ菌検査」と「HPVワクチン」を推進し続ける真意」では、堀江氏がさまざまな困難を乗り越えながら、「ピロリ菌検査」と子宮頸がんを予防するための「HPVワクチン」を推進し続ける真意をお届けした。後編では堀江氏などが現在製作中の映画「糖尿病の不都合な真実」(仮)について、お届けする。

●世界を「分断」するSNS

堀江: 一つ、いつも思っていることがあって、日本人はみんな科学の教育をされているはずなのに、実際には知識が浸透していなくて、すっぽり抜けていますよね。

鈴木: 特に「がん教育」を小学生のうちからしっかりやったほうがいい、ということですね。

堀江: 確かにその通りだけど、僕は限界があるとも思っています。なぜなら中世の魔女狩りの時代から何も進化していないから。近代免疫学の父とも呼ばれる英国の医学者、エドワード・ジェンナーが天然痘ワクチンを発明して、世界で初めて予防接種を始めるわけじゃないですか。それが日本にも伝わって、西洋医学系の人たちが尽力して予防接種が始まります。つまり江戸時代にはもう打ってしまっている。なのに今ワクチンが止まってしまっている理由は、恐らくSNSの影響が非常に強いからだと思う。

鈴木: SNSが悪い方向に作用してしまっている。

堀江: SNSというのは世界を「分断」するんですよね。例えば山本太郎さんのフォロワーって僕のことを絶対にフォローしないです。

会場: (笑)。

堀江: 僕はあえてTwitterなどのソーシャルメディアでは、僕と考え方が違う人をフォローしています。そうすると、世の中にどういう意見がどれぐらいあるのか大体のパターンが分かる。一方、大体普通の人たちは自分の好きな人しかフォローしないので、世界がそこしか見えなくなる。でもちょっと変わった人たちというのは、いつも一定数いるのはしょうがないですよ。僕の知り合いの医者にもそういう人がいるから。

鈴木: 本当ですか?

堀江: はい。だけど医者じゃないですか。医師免許を持っているから始末に負えない。彼が言うことと僕が言うことのどちらを信じられるかといったら、マジョリティーは医者のほうを信じるので。だから「厄介だな」と。一般人が「反ワクチン」を主張するのは百歩譲って仕方がないとしても、医者が言っちゃ駄目だろうと。

鈴木: そうそう。僕もある先生から個人攻撃をされて、堀江さんと胃がんを減らすためにピロリ菌除菌の啓発を一緒にやっていたら、その人の著書に「筑波大の鈴木はウソを言っている。自分は絶対除菌なんかしない」と書かれてしまいました。

●「意識低い系」の人をいかにして病院に行かせるか

鈴木: ということで、次のテーマは、「検診を受けない理由」ですね。やはり「面倒くさい」とか「自分はがんにならない」とか変な思い込みがあります。

 私が務めている茨城県はちょっと特殊で、北のほうは漁業のまちで、南のほうは農業のまちです。漁師さんというのは検診を受けない傾向があって県北は検診受診率が低い。気風なのか、なかなか漁師さんは検診を受けません。だから、そういう人たちにも届く活動をしなければいけないと考えています。みんなにスマートウォッチを付けさせるとか。

堀江: それは絶対に無理。いわゆる「意識高い系」の人しか持っていませんから。さらにそういう人たちは病気の兆候を見つけてもアクションに移らない。なので、やはりアクションは半強制的にやるしかない。全員にやらせる的な感じで。

 方法としては、ソーシャルエンジニアリングというか、いかにして人の行動を変えさせるか。人の行動というのは実は変えられるのです。ただ、何が変えるきっかけになるのかは分からない。

鈴木: 人の行動を変えるのは難しいけれども、変えることはできる、と。

堀江: そう。僕は、変える方法があると思っている。アメリカの元副大統領アル・ゴアが主演した『不都合な真実』という映画で、「地球温暖化が問題だ」というメッセージが多くの人たちに広まったと思うけど、僕はあの手法はかなり使えると思っています。

 実は予防医療普及協会で糖尿病予防のキャンペーンをしています。糖尿病は「サイレントキラー」と言われていて、目とか手足の先とか、そういうところの毛細血管が詰まって、栄養が行かなくなって壊死していくんだけど、神経もやられてしまっているので痛くないわけ。切断しなければいけないような状況になっても痛くない。

 なので、「意識低い系」の人たちがそうなってしまって医療費がかさむ、その人たちのQOL(クオリティー・オブ・ライフ、人生の質)も下がる、という話なのですが、これは意外と知られていなくて、なので今「映画を作ろう」「糖尿病のリスクの話を作ろう」という話になっています。

鈴木: 映画によって糖尿病の啓発をなさろうとしているのですね。

●今までのやり方だと絶対に変わらない

堀江: 僕以外のみんなはすごくライトな映画にしようとするのですが、僕はホラー映画にしたい。目が見えないとか足が両方ともないとか、そういう人たちはいっぱいいるので、そういう人たちに取材して、リアルなコメントを取っていこうと思っている。多分みんな糖尿病の「末路」を見たことがないんじゃないかな。

鈴木: 本当に両足がないとか、透析してしまって目も見えないという人は実際いますからね。そうなるまで気付かない人は多い。

堀江: 気付かないというか、「気付いているんだけど」みたいな感じでしょうね。

鈴木: 目をふさいでしまっている。

堀江: そうですね。確かに、生活習慣病的にそうなってしまった人たちは自業自得と言うよりは、結果がどうなるのかを知らなくてそうなってしまう人たちもいると思う。だから、これが僕の一つのソーシャルエンジニアリングの形なのですが、ほかにも方法はあると思う。それを皆に考えてほしい。

 実は「予防医療普及協会をつくる」という活動もソーシャルエンジニアリングの一つ。あとは政治に働き掛けるとか、僕はありとあらゆる方法を考えている。正攻法では絶対にうまくいかない。みんな正攻法でうまくいくと思っているかもしれないですが、うまくいかない。

 だから、前編で話したように若年層、40歳以下の胃がんの死亡率も1000人から減っていかないという話はまさにそれ(前編記事を参照)。今までのやり方だと絶対に減らない。

鈴木: 医師もやはり病院で待っているだけでは世の中を変えられないのです。なので、こうやって表に出てきて、堀江さんと一緒にこういう活動もやったりする。前に出ていかないと結局世の中は変わらない。

堀江: その通り。

●情報発信することの意義

鈴木: 最後に予防医療普及協会の活動紹介をしたいと思います。私たちはピロリ菌の啓発活動であったり、あとは便潜血検査で大腸がんのキャンペーンをやったり、今はヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの啓発をやっています。歯周病や、堀江さんがおっしゃった糖尿病の活動も。予防医療への理解はなかなか進んでいないのですが、少しでも皆さんの注意を向けてもらいたいたくて、いろいろなイベントをしています。

 いわゆる週刊誌とか、インパクトのある情報のほうが「受け」やすいのでどんどん間違った情報が広がってしまうのです。例えば「検診なんか受ける必要はない」とか、「医者からもらった薬はやめましょう」とか、それにマスコミだけならいいのですが、医師も乗ってしまっていたりするのです。

 そうすると一般の人は、正しい医療を行っている医者が「悪いやつだ」というレッテルを貼ってしまったりするので、世の中、そういった逆転現象が起きてしまっているのです。それに対して誰も声をあげないので、私たちはどんどん情報を発信していこう、という趣旨で活動をしています。

 堀江さん、ピロリ菌のキャンペーンは成功しましたよね。クラウドファンディングで約1400万円の活動資金が集まりました。このプロジェクトをきっかけにして予防医療普及協会をスタートできたのです。

堀江: これは本当にうまくいったね。

鈴木: そうですね。本当にいろいろな方に協力していただいて、活動資金が得られました。クラウドファンディングサイト「Readyfor」でやったのですが、過去最高の支援人数が協力してくれたのです。

堀江: そうですね。最高の数です。

●六本木のバーで「ピロリナイト」

鈴木: 表彰もしてもらいましたね。あとは「ピロリナイト」を、六本木のバー「バンカラ」でやりましたよね。

堀江: はい。

鈴木: 六本木のバーのような場所で、キングコングの西野亮廣さんも来てくれました。

堀江: ピロリ菌の歌を演奏したり。

鈴木: そうですね(笑)。生演奏で歌ってくれたりとかして、これは本当に楽しかったです。

堀江: なので、ピロリ菌のキャンペーンは割とうまくいったんですよね。結果として認知度がかなり上がったと思うのです。

鈴木: 会場でピロリ菌を聞いたことがない人はいますか。多分いないですよね。認知度は上がってきました。ただ、それが胃がんの原因だということに関してはまだ知らない人が多かったので、これは良かったかと思っています。

 予防医療普及協会の活動をもっといろいろな方に伝えたいということで2冊の本を出しています。『むだ死にしない技術』(マガジンハウス)はピロリ菌がメインでしたが、『健康の結論』(KADOKAWA)は、突然死やうつ病、自殺の問題も扱っていますよね。

堀江: はい。今3冊目を検討してます。

鈴木: 結局、自殺も、年間数万人の若い方が大事な命を落としています。どのような対策をすればいいかをこの中で提言しています。

堀江: 協会の活動費になるのでぜひ買ってほしいのですが、医療のことを横断的に書いてある本というのは意外と少ないのですが、僕や予防医療普及協会が中心になってやっているので、できている。各診療科の専門の先生に話を聞いて、それを集めて一冊の本にまとめるという形態を取ってます。普通、医療本というのはお医者さんが書くことが多いので、自分の専門の分野を書いてしまうから、一冊で全部をカバーすることはできないけれど、この書籍には「予防」という切り口の横串を通していて、いろいろな診療科のことをカバーしています。

 あとは、予防医療普及協会にはいろいろな診療科の先生がいて、時々イベントをやったり懇親会をやったり忘年会をやったりするのですけれども、面白い。何が面白いかというと、自分と同じ診療科の先生同士は学会などで割と密に会っていても、ほかの診療科の先生とはなかなか交流しない。だから、専門分野以外のことを全然知らなくて、これを共有するというのはかなり面白いです。面白いし、すごくためになるというか。

●政治家への働きかけが重要

鈴木: 私たちもこういう場がないと全く知り合わない先生とたくさん知り合いになれたりしています。HPVについても産婦人科の先生からいろいろな情報をもらえていて、とても意義深いですね。

堀江: そう。どんどん情報を得られるので、いろいろなことにめちゃくちゃ詳しくなった。

鈴木: 堀江さんは下手な医者よりもかなり詳しい情報を持っていますよね。

堀江: 予防という観点で言えば詳しいかもしれない。あとはオンラインサロンで「YOBO−LABO」というのをやっています。

鈴木: いわゆるサロンという同じ目的を共有したいという人たちが集まってイベントもやっているのです。

堀江: この間のYOBOフェスでもやっていましたよね。このオンラインサロンの収益が協会を支えています。そんなに収益源がないのでかなり大変なのですが、検査キットと本とサロンの売上が活動を支えています。もう一つは、前編でも言ったように政治への働き掛けが非常に大事。今日の話で問題意識を感じられた方は、ぜひ最寄りの選挙区の政治家の方に文句を言ってほしい。圧力をかけてください。自分の選挙区の有権者には彼らは非常に弱いので、「そんなことを言っていたら、次はあなたに投票しませんからね」と言うと非常に効きます。

会場: (笑)。

堀江: 政治家ってすごく遠いように見えますが、実はめちゃくちゃ近いので、「あなたの選挙区の有権者ですよ」と言ったら絶対話を聞いてくれますからね。

鈴木: 大事な一票ですからね。

堀江: 議員会館に行くと、陳情に来ている人が結構いるのです。やはり行動する人には弱い。皆さんが全員「YOBO−LABO」に入ってもらえたら、予防医療普及協会は盛り上がります。1カ月に1回は六本木でこのようなトークイベントを開催しています。9月24日はハヤカワ五味さんとの対談や、10月16日にはRIZAPグループ瀬戸健社長との対談を予定しています。

 YOBOフェスのようなイベントもやっていますし、これから予防専門のクリニックを作る話もあります。先ほど申し上げたように糖尿病予防啓発の映画を作る予定もあります。皆さん、ぜひ入ってみてください。(ITmedia ビジネスオンライン編集部 今野大一)

【編集部より】記事の前編は関連記事「ホリエモンが「ピロリ菌検査」と「HPVワクチン」を推進し続ける真意」から読めます。また、予防医療普及協会のオンラインサロン「YOBO-LABO」では、10月16日(水)には堀江貴文氏とRIZAPグループ瀬戸健社長との対談を、11月29日(金)には堀江貴文氏と猪瀬直樹氏との対談をともに18時30分からDMM.com東京本社で実施し、特別にサロンメンバー以外の一般参加も受け付けています。