牛丼チェーン「すき家」は、10月16日から11月19日の期間限定で、「牛丼(並盛)ランチセット」(税込500円)を販売する。午前11時〜午後2時のランチタイム限定で、バリエーションは2種類。牛丼(並盛)、サラダ、みそ汁、卵のセットと、牛丼(中盛)とみそ汁のセットから選ぶ。それぞれ通常のセット料金と比較して、80円と60円ずつ安くなる。なお、テークアウトは対象外。

 10月から消費税が上がり、外食チェーンには逆風となっている。牛丼チェーンでは、吉野家が店内飲食とテークアウトでそれぞれの税率に応じ、価格を分ける方式を採用。すき家と松屋は、価格を統一する一物一価方式を採った。

 ワンコインを強調した今回のセットについて「消費増税で外食チェーンの値上げが続く中、価格面で訴求できるセットを企画した」と担当者。「増税で世間が暗いムードの中、少しでも明るく元気にしたい」とも話した。増税の影響については、まだ期間が短いこともあり明かさなかった。

 店内飲食のみで提供となることについては「ランチタイムはお客さまが多い時間。テークアウトも対象とすると、容器に入れるなどのオペレーションが店舗の負担になると判断した」と説明している。

 競合の吉野家では、「超特盛」(税別723円)や期間限定の「特撰すきやき重」(税別797円、現在は販売終了)など高価格帯メニューを充実させている。10月9日に発表された第2四半期の業績では、こうした高単価路線が功を奏してか大幅な利益増を達成した。松屋では、20年以上前のメニューを復刻させたり、グループ内のカレー業態のメニューをアレンジして販売したりとメニュー面でのアピールが目立つ。

 今回のセットは期間限定だが、お客の反響を見つつ、期間延長なども検討するとしている。偶然かもしれないが、すき家、吉野家、松屋の各Webサイトにアクセスしてみると、すき家は特に価格面のアピールをしているように見受けられた。増税で各チェーンの競争が激化する中、すき家の戦略は「安価」路線となっていくのだろうか。