トヨタ自動車は11月19日、スマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」の提供を開始したと発表した。QRコード・バーコード決済や電子マネーの「かざす」決済といった複数の支払い方法に対応。iOS版から提供を開始し、2020年春にはAndroid版も提供する。新たなモビリティサービスの構築に向けた「コネクティッド戦略」の一環として、異業種連携やサービス拡充を進める。

 TOYOTA Walletは、3種類の支払い機能を備える。プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」、クレジット型サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」、デビット型サービス「銀行Pay」だ。つまり、用途や好みに合わせて、事前チャージ、後払い、即時引き落としを選択できる。

 プリペイド型決済は、非接触決済サービス「iD」と「Mastercardコンタクトレス」に対応。両サービスの加盟店で、端末にスマホをかざすことで支払うことができる。

 クレジット型は、QRコード・バーコード決済に対応。「Origami」加盟店で利用可能となる。18年に、トヨタファイナンスがOrigamiと資本業務提携し、協業を進めていた。

 デビット型では、GMOペイメントゲートウェイが基盤システムを提供する「銀行Pay」を採用。QRコード・バーコード決済に対応する。このサービスは、三井住友銀行が銀行Payの基盤システムを活用して展開する「事業者型Pay」を利用している。マルチバンク決済機能(銀行間の相互乗り入れ)によって、即時に銀行口座の引き落としによる支払いができる。

 今後、TOYOTA Walletを活用して「決済および周辺サービスの拡大」「決済サービスを通じた顧客接点強化」「MaaS発展に伴うモビリティ社会の基盤づくり」を構想する。トヨタ販売店におけるサービス強化に加えて、「トヨタレンタカー」「TOYOTA SHARE」「KINTO」「my route」「MONET」など、グループ内外のモビリティサービスと連携していく。