住友不動産は、「住友三角ビル」の愛称で知られる超高層オフィスビル「新宿住友ビル」(東京都新宿区西新宿)の低層部に、ガラスの屋根で覆われた全天候型イベント空間を整備する。最大約2000人を収容できる「三角広場」などを備え、ビジネスや観光、防災の機能を拡充。6月の開業を予定している。

 1974年竣工の新宿住友ビルは、日本で初めて高さ200メートルを超える超高層ビルとして建設された。開業当初から、オフィスだけでなく、飲食やスポーツなどの機能を備えた複合ビルとして運営。さまざまなイベントなどを実施してきた。現在、大規模リニューアル工事を実施しており、その一環として、低層部の形状を大きく変更する。

 低層部に新たに整備する施設は、国内最大級の全天候型イベント空間である三角広場(地上1階)のほか、飲食・物販店舗など全20店舗で構成する「ショップ&レストラン」(地上1階・地下1階)、国際会議にも対応する「新宿住友ホール」(地下2階)。

 三角広場は約3250平方メートルの広さで、天井高は最大約25メートル。4K、564インチの大型ビジョンを設置する。また、無柱空間となるため、さまざまなレイアウトに対応する。都心でありながら、大規模なイベント開催に利用できるほか、災害時の一時避難場所としても機能させる。

 新宿住友ホールはリニューアル工事に伴い閉鎖中で、6月に再オープンする。天井高6メートル、約1100平方メートルの広さがある空間で、国際会議などの大規模なビジネスイベントに対応する。

 西新宿エリアは、外国人観光客の増加だけでなく、タワーマンション開発による定住人口増加も見込まれている。さまざまなイベントに対応できるスポットを整備することで、商業需要を取り込む。