スマートフォン決済を手掛けるPayPayは1月17日、対象の飲食店などの支払いで「PayPay」を利用した際に、購入金額の40%を還元するキャンペーンを実施すると発表した。2月1〜29日に、全国6500以上の飲食店と21万台以上の自動販売機での支払いを対象に実施する。全国展開するチェーン店と協力し、キャッシュレス決済の利用者拡大を狙う。

 キャンペーンの対象となるのは、PayPay残高による支払い。クレジットカード(ヤフーカードを含む)による支払いは対象外となる。購入金額の40%を「PayPayボーナス」として付与。「Yahoo!プレミアム会員」のユーザーは、還元率が最大50%となる。付与上限は1回の支払いで500円相当。期間中の付与合計上限は1500円相当になる。

 対象店舗は、すき家本部、松屋フーズホールディングス、吉野家、サンマルクカフェ、ハイデイ日高、はなまる、B-R サーティワン アイスクリームの各社が展開するチェーン店(一部店舗を除く)。PayPay決済に対応している店舗で利用できる。また、日本コカ・コーラが展開する「Coke ON Pay」対応自販機も対象となる。

 PayPayの累計登録者数は2300万人、加盟店数は185万カ所を突破。今回のキャンペーンは、さらなる利用者拡大を図る「いつもどこかでワクワクペイペイ」という取り組みの一環として実施し、3月にはスーパーマーケットでの利用を対象としたキャンペーンも予定しているという。