企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は、人材サービス業界に属する企業を選出し、キャリコネユーザーによる「給与の満足度」評価の平均値が高い順にランキングした「人材サービス業界の“給与の満足度が高い企業”ランキング」を発表した。

 1位に輝いたのは、リクルートグループに属し、人材派遣・紹介予定派遣サービスを展開する「リクルートスタッフィング」だった。ついで、2位「マイナビ」、3位「アデコ」、4位「パソナ」、5位「パーソルキャリア」と続いた。

 リクルートスタッフィングは全国に38拠点を有し、登録スタッフ数は2019年5月時点で約98万人にも及ぶ。社員の能力開発・向上に注力しており、必要なスキルを習得可能な研修制度、通信教育の受講料補助、キャリア支援制度などを整備している。

 13年からは積極的に働き方改革に取り組んでおり、生産性を重視する「スマートワーク」をスタート。年間労働時間の上限を設定した結果、取り組み前より休日出勤や深夜労働時間を大幅に削減させながら、時間あたり労働生産性を上げることに成功している。

 女性の活躍も推進しており、18年度の管理職に占める女性の割合は42.1%、係長級にある女性の割合は63.8%にも達する。また、LGBTなどの性的マイノリティーへの取り組みの評価指標「PRIDE指標」において、人材派遣会社としては初のゴールドを受賞している。

 キャリコネの口コミには、「同業他社に比べると圧倒的に高い。ボーナスは会社業績と個人業績との兼ね合いだが、年間で6カ月分は支給される」(人材コーディネーター/30代後半女性/年収800万円/2013年度)と給与の高さを評価する声などが寄せられている。