ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京都港区)は、ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」を6月11日から日本でも提供を開始する。費用は月額700円(税別)で、国内ではNTTドコモが独占的に協業する。

 ディズニープラスでは、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの作品が見放題となるほか、同サービスでしか見られないオリジナル作品も視聴できる。

 「トイ・ストーリー4」「ライオン・キング」「アベンジャーズ/エンドゲーム」などの長編映画だけでなく、ディズニーのテーマパークで企画開発を担当する部署の舞台裏を描いたドキュメンタリー・シリーズ「イマジニアリング〜夢を形にする人々」など、数多くの作品がラインアップされている。

 申し込みはドコモショップやNTTドコモが提供する各種サービスを行う「My docomo」、ディズニープラスの公式サイトなどから6月11日より可能。登録には同社が発行する本人認証用IDである「dアカウント」が必要となるが、どのキャリアのユーザーでも入会できる。

 もうひとつのディズニー公式動画配信サービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」会員であれば、サービス開始後は契約変更の手続きなく、すぐにディズニープラスを楽しめる。サービスの移行に伴う月額料金の変更や追加料金は発生しない。

 なお、日本以外では米国、欧州、インドですでにサービスを開始している。