6月8日、売れ行き好調のRAV4に、プラグインハイブリッド(PHV)モデルが追加された。

 PHVモデルの追加は、北米でカムリに代わり、トヨタの稼ぎ頭を務めるRAV4ならではの余裕が感じられる。最廉価モデルで469万円から、要するに500万円のクルマなので、そうそうやたらと買える人はいない。

 265万円からのガソリンモデル、326万円からのハイブリッド(HV)モデルを売りまくって、すでに記録的な成功を収めている。少々いじわるな言い方をすれば、この上PHVが滑ろうと、痛くもかゆくもない。トヨタとしては売れたって困らないが、どっちでも良いくらいのつもりで作っているはずだ。

●トヨタの電動化戦略

 トヨタは常々、「どの動力を選ぶかを決めるのはお客さまであって、メーカーではない」と言い続けている。つまりメーカーの責任は、時代時代の環境規制に対応し、マーケットに望まれるクルマを確実にラインアップすることで、どれが良いかを押し付けたところで、それで売れるものではない。マーケットが望むのであれば電気自動車(EV)も出すし、燃料電池(FCV)も出す。

 世界の自動車メーカーには「トヨタ」と「それ以外のメーカー」があり、普通のメーカーはどうしたって、「選択と集中」戦略を取る。テスラはEVしか出さないし、日産はできることならEVに集中したいが、思ったように売れないのでやむなくシリーズHVや内燃機関モデルを出している。要するに「ウチはこれで行く」というシステムの選択をするのが普通だ。

 ところがトヨタは全部やる。この戦略についてはトヨタとそれ以外というしかないほど、トヨタのやり方は変わっているのだ。その違いが分からないから「トヨタはいつまでもHVにこだわりすぎた」とか、「トヨタは失敗作のFCVに固執している」みたいなすっとこどっこいな意見が出る。

 トヨタは一つに絞ることなど考えていない。今売れる商品、それは内燃機関とHVで、環境規制をクリアしながらガンガン売り上げを立てる。そうやって世界で1社だけCAFE規制をクリアしつつ、毎年1兆円の研究開発費を計上して、かつ2.5兆円の利益を出し、「きっと20年くらい先に売れるだろう」とFCVを店先に並べているのだ。トヨタ自身だって、10年以内にFCVが月に何万台も売れるようになるなんてカケラも思っていないのだ。

 ちなみに同じように当分もうかりそうもないシステムの内、FCVは売るけれどEVは売らないのは、FCVはまだまだ技術が十分に確立されていないから、トヨタが先陣を切ってやっておかないと実用化できないからだ。対してEVは、すでにHVやPHVで技術を習得しており、かつ先行事例が豊富にあるので、必要なタイミングになったら出せばいい。

 トヨタは今後数十年間、ユーザーが選ぶであろう推進システムのトレンドについて、当然予想はしている。向こう10年は主にHVが選ばれ、その間に少しずつPHVが選ばれるようになり、10年後あたりにPHVに主流が移ってくれるといいなぁと思っている。その時点でもHVしか売れないと、CAFEの2030年規制がクリアできず、多額のクレジットを買わされるからだ。

 そこから5年なり10年なりかけてEVが増えていき、新時代のシステム多様化の中で、適材適所的にちらほらとFCVが選ばれる場所や場面も出てくる。そういう絵柄である。

 その予測は筆者も同意である。エンジンを使ったクルマが珍しくなるのは早くとも2040年以降だし、HVやPHVを含むエンジン付きのクルマが今のEVくらい、それはつまりグローバルで見て新車販売の2%とかになる時代を、筆者は見届けられないだろう。

●500万円の理由

 ということで、トヨタはRAV4 PHVを次世代システムとして市場投入した。世間のうわさは知らないが、これは早目対応の部類だと思う。理由は簡単。500万円のクルマはそうたくさん売れないからだ。売れ行きの主流がHVからPHVへ移行するには、PHVが250万円程度で売れるようにならなくては無理だ。たった18.1kWhのリチウムイオンバッテリーでも、こんな価格になってしまうのだ。まあそこにはトヨタ一流の見切りもあってのことだが。

 トヨタは「どんなに頑張っても、車名別販売台数トップ10に入れるほど安くは作れない」ことを前提に、RAV4 PHVの性能を決めたのだと思う。EV航続距離95キロ。燃料を含めた航続距離は1300キロ。システム最高出力は225kW(303馬力)。ハイブリッド燃費は22.2キロ/リッター。0-100キロ加速6.0秒となっている。昨今のタガが外れたEVに比べれば俊足とはいえないが、乗用車、それも重量のあるSUVの加速タイムとしては立派な数字だ。そのために、モーターとインバーターを高出力化して、走行用リチウムイオンバッテリーも高出力化対応を行った。バッテリーだけでなく、いろいろちょい足ししてあるのが500万円の理由である。

 要するにいろんなものをギリギリまで削っても、「売れる」価格帯まで下がらないことを見越して、高いことを前提に、そこそこ富裕なユーザーが買ってくれるラインを想定して全ての性能を決めた。そのあたりは、ファミリーカー価格の中で真面目にバランスを取ろうとして、やっぱり値段を下げきれなかった日産リーフの苦労を横目で見ているからだろう。

 他銘柄との競争の話は置いたとすれば、そもそもTNGAの基本は「もっといいクルマ」である。少し前までのように、「走って楽しいかは知りませんが、燃費は最高です」みたいなクルマづくりをしたら、今のトヨタでは大変なことになる。ちょいプレミアムな人が喜ぶだけのクルマに仕立てて500万円で売る。それが今のトヨタの答えである。あと100万出せばテスラのモデルY。速さは文句なしにモデルYだが、いろんな意味で、誰もが選べるクルマではない。

 というあたりで、疑問をお持ちの方もいるだろう。「何でEVと比べるのか?」。それは正しく運用する限り、RAV4 PHVが実質的にはEVだからだ。「リチャージ可能」、それはつまり予充電可能ということなのだが、フル充電からカタログ値で95キロ走ることから見て、エアコンやヒーターを使ったとしても、1日の走行距離が50キロかそこらなら、RAV4 PHVは終日エンジンを使わずに走れる。

 毎晩自宅で通常充電を行い、電力で通勤距離をまかなえば給油は必要ない。エンジンに頼るのは休日のロングドライブだけで、そんな機会は、ユーザーの平均値を取れば月に1度か2度だろう。おそらく生涯走行距離の95%くらいはEVとして使われることになる。

 しかも航続距離は1300キロもあり、仮にそれ以上走るとしても数分の給油で済んでしまう。HV走行でエンジンがかかることが不愉快だと思う人でなければ、まず困るシチュエーションはない。つまり実用上のハンデが何もないのだ。なので、バッテリー価格が世評ほどには下がってこない現状において、RAV4 PHVは最適解だと思われる。ただし、500万円の価格を飲み込める人であれば。

●電動システムの進歩

 トヨタはHVをちゃんと進歩させている。ヤリスの燃費がWLTPで35.8キロの理由も同じだが、バッテリーとモーター、回生システムとバッテリーの間の瞬間電流量の上限を、高性能なリチウムイオン電池を開発することで引き上げることに成功した。つまり、従来ならバッテリー側の許容上限を超えて回生をあきらめ、エンジンブレーキを併用することで擬似的に制動を補助していたケースでも、きっちり回生をかけることができるようになった。もちろん上限はあるが、その効果は顕著だ。RAV4でも、275キロも車両重量が増えているにもかかわらず、HVのニッケル水素電池より電流受け入れ能力の高いリチウムイオンバッテリーを使うPHV(WLTP22.2キロ)の方が、HV(WLTP20.6キロ)より燃費が向上している。

 RAV4 PHVでは、バッテリーの冷却にヒートポンプ(エアコン)を使う。これによってバッテリーの温度管理精度も向上している。

●PHVの走り

 試乗会場は袖ヶ浦フォレストレースウェイ。モード切り替えスイッチがEVモードであることを確認してから、ピットロードをゆっくり走り、コースに出たら全開にする。モーター独特のレスポンスと低速トルクの力強さでグイグイ加速する。タイヤのグリップ限界までトラクションがかかる最近のEVとは比べても詮無いが、従来基準でいえば十分以上に速い。時速130キロを超えるとEVモードでもエンジンが起動するが、逆に言えば日本の公道であれば、どこでもEVモードのまま走れるということになる。

 コーナーに入っても、トヨタGA-Kプラットフォームはガッチリしており、背の高いSUVボディでも、とりあえずそこそこスポーティにサーキットを走れる。そこそこという原因は、第一にブレーキフィールだ。回生ブレーキとの協調制御もあって、ペダルはガッチリとは程遠い。そうはいってもSUVでサーキットレベルの走行をしておいて、ペダルがどうのというのは欲のかきすぎだとは思う。

 もう一点。タイヤは標準が225/60R18、一番高いBLACK TONEモデルだけが235/55R19を与えられているが、18インチは普通のサマータイヤ、19インチはオールシーズンタイヤとなっている。あくまでもサーキットを走った印象だが、19インチの方がずっと安心感があった。

 アシのセッティングが変わっているのかと思って実験部隊のエンジニアに尋ねると、ダンパーとスプリングは変えていないという。18インチは、逆バンク気味の中速コーナーでロールを止めきれない不安感があった。19インチのオールシーズンタイヤはグリップの低さのおかげで限界が低かったことに、安心感が起因するのではないかと思う。まあこういうところを走ればの話だが、違いは誰でも感じるレベルなのも確か。ただ普通は使わない領域の話である。

 直線での安定感は優秀。全体に印象は良かった。昔のトヨタの印象とは何もかも違う。同時に乗ったハリアーはさらに良かったが、こちらにはPHVの設定は今のところない。ハリアーをPHV化すれば600万円になりかねないことを考えると、RAV4 PHVがそこそこ成功すれば、ハリアーのPHVにも出番はあるかもしれない。

 さて、結論だ。RAV4 PHVは価格的に人を選ぶクルマではあるが、おそらく下取りもそれなりに高いだろうし、お金に余裕があるならば、筆者としては止める理由は何もない。

(池田直渡)