ドイツ・ベルリンで話題の一つが、新しい銀行であるチャレンジャーバンクだ。新たに銀行免許を取得してサービスを提供する銀行をチャレンジャーバンクと総称し、デジタルにフォーカスしたサービスを特徴としている。

 友人から、「N26使っていますか? 家にいて口座が開設できて本当にビックリしました。普通にカードで入出金もできます。ベルリン発、ベンチャー企業でいきなり銀行、ってすごくないですか?」と言われ、遅ればせながら、話題のチャレンジャーバンクN26を試してみることにした。

 N26と日本の従来の銀行との違いを浮き彫りにするため、またなぜN26のような銀行が生まれたのか、日本の大手都市銀行に約30年勤務する別当氏(仮名)にも解説してもらった。

●約10分で銀行口座開設完了

 わずか10分で口座が開設できるまでの流れを紹介しよう。まずN26のサイトを開く。

 姓名、Eメールアドレス、生年月日、電話番号、住所、国籍、性、米国市民権の有無、米国での納税番号有無、ドイツでの納税者番号を入力。その後、パスワードを設定し、規約への合意を承諾すると、Eメール認証に進む。その後、メールアドレスとパスワードでログインできるようになり、ビジネス利用か個人利用を問われる。個人利用を選択し次へ進むと、カードの種類の選択画面となる。

 月額会員料ゼロユーロのカード、配送方法を選ぶと、「ここから先はN26のスマホアプリで手続きしてください」と促される。スマホを見ると、アプリのダウンロードリンクが届いている。以下の手続き全て同じことがいえるのだが、押すべきリンクへの誘導などがとても親切で、ほぼ、自らの手でのタイピングが不要だった。この優秀なナビゲーションもスピード口座開設に寄与している。

 スマホ本体にメッセージが送られ、ペアリングコードをメッセージからコピペ。認証が終了すると、今度は本人認証へ。証明用のドキュメントとしてパスポートを選択すると、いよいよ本人認証のための最終ステージ、ビデオチャットに進む。

 パスポートを手元に置き、チャット開始。しかし、筆者の場合、ここで多少トラブル発生。「ドイツの銀行だから、当然、ドイツ語で話が通じるだろう」と構えていたのだが、面接担当者がドイツ語を話せない。英語の画面を選択するとそうなる仕様とのこと。筆者には、「ドイツ語で通じるな」と思っていていきなり英語など他の外国語しか話せないというシチュエーションに遭遇すると、英語にドイツ語が混じって、何語をしゃべっているか分からない感じになってしまう弱点(複数外国語のコンテキストスイッチ障害?)があり、なんやかんやして約25分ロスしてしまう。「ここでは英語が話せないと死ぬ」と自己暗示をかけてリトライ。

 ビデオチャットでは、メガネを外したり、パスポートを示したり、パスポートをつかんで面接官から指定された2、3種類のアクション行うのだが、それらの意味については書いたとしても憶測にしかならないため、ここでは書かない。面接担当者は昨年、東京にプライベートで旅行したらしく、「日本食、特に餅とチーズの組み合わせは素晴らしい!」と力説していた。始終、和やかな面接だった。

 面接が終了すると、カードのPIN(暗証番号)を設定。すると口座ができていた。言葉のトラブルでのロス時間25分を除けば、確かにうたい文句どおり、10分ほどで口座が開設できた。驚きである。

●なぜ10分で銀行口座開設できるのか?

 銀行も時代の変化に応じて変わってきている。日本のネット銀行では、郵送手続はあるものの、ビデオチャットなしで口座開設完了できる。その他、大手銀行、例えば三菱UFJ信託銀行でも、ネットと郵送のみで口座が開設できるようになってきている。しかし、それにしてもN26での約10分での銀行口座開設は、これまで体験したことがなく、とても不思議だ。日本の大手都市銀行に約30年勤務する別当氏(仮名)に銀行の専門家としての見解を聞いた。

 ――銀行利用者としての素人的で素朴な疑問ですが、日本/ドイツを問わず、従来の銀行では口座開設にあたり、

・支店に出向く

・運転免許証、無い場合は住民票、健康保険証など身分証明書を提出する

・書類に署名する

・日本の場合は捺印(なついん)する

・収入証明とおおよその年収を申告する

・勤務先を報告する

などの手続きが必要でした。

 一方N26ではなぜ、リモートのビデオチャットでパスポートを出して、生年月日などを答えるだけで、10分で口座開設ができるのでしょう。そもそも、従来の口座開設業務は、現代では形骸化しているのでしょうか? それとも、その旧来の業務を簡略化できるだけのシステム的な担保がN26にあるのでしょうか?

別当氏 「まず、昔はともかくとして、マネーロンダリングなどの規制が非常に厳しい現在では、口座が、“実在する本人のもの”であることが絶対条件です。逆にいえば、そこ(確実に「ユニークであること」が保証されるソーシャルセキュリティコード)だけクリアできれば、他のこと(印鑑や署名など)はデジタル化でなんとかなると考えています」

 「で、今回の小塚さん(筆者)のケースですが、発行国にもよりますが、パスポートはものすごく有効なIDです。銀行の口座開設システムが、もしも裏で、そのパスポート番号を管理するデータベースと連携していたとしたら、最強の身元証明ですね。ビデオチャットだと偽造品が分かりにくいというのはあるでしょうが、そこは割り切りでしょう」

 ――なるほど、確かにビデオチャットでパスポートを手にして、指定された幾つかのアクションを行いました。あれは、偽造品かどうかを確認するためのアクションだったのでしょうね。

別当氏 「日本では、確実に『ユニークであること』が保証されるソーシャルセキュリティコードの確立を行おうとしても、統一されたIDがありません。マイナンバーカードも普及しておらず、銀行口座とマイナンバーとのひも付けも頓挫していると聞きます。しかし逆に、マイナンバー提出が必須の証券口座では、ネットでの申し込みから郵送なしで3日後には開設が完了します」

 ――IDを管理する社会全体のシステムの違いなのでしょうか? それが未確立なので、未だに住民票とハンコなどを使うのでしょうか? 正直、ハンコが何の役に立っているのか分かりません。

別当氏 「日本では結局、警察(国家公安委員会)の管理にある運転免許証が、一番信頼性が高いです。ハンコの捺印は、ある種の惰性業務です。銀行でも、社内決裁業務などで、PDFデジタルサインが採用され始めています。ほとんどの業務はこれで十分です。遅ればせながらですが、お客さま関係でもハンコは不要になっていくはずです」

 ――海外に在住していると、日本の銀行でハンコを押すためだけに帰国、ってケースもありますので、そういう未来が来ることを私も願います。実際、きちんと管理されたIDと、それを管理する仕組みだけが必要で、他の口座開設業務は既に形骸化している、そのため、こういうネット銀行の簡単開設サービスが登場することになった、という時代の流れが見えてきました。

 さて、口座開設で従来行ってきた手続き、残る「収入証明とおおよその年収の申告」と「勤務先報告」なのですが、これは何の役に立っているのですか? 「その人を信頼できるか」、ぶっちゃけて言えば、「融資可能かどうか」の参考資料ですか?

別当氏 「ええ、昔は本当にそれで判断していたのですが、社会も変わると貸す側にも知恵がついてきたということです。銀行には、お金を集める側面(預金受け入れ)とお金を貸す側面がありますが、銀行本体にとってもうけが出るのは貸す方ですからね。所得証明は、今でもお金を貸す時に、多少役立ちますが、それよりも毎月の入出金、お買い物履歴など、他のデータでいくら貸せるか判断することにチャレンジすることが、今のトレンドです」

 「このN26ですが、新しい形態でお金を集める側の運営コストをとても軽くできるのは、古い銀行側から見ると本当にうらやましい限りです。ただし、低コストで集めたお金をどう運用するのか、そしてN26としての利益がどこから出ているのか、従来の銀行員としては、とても気になります」

●銀行カードも届かぬうちにApple Payでお買い物ができた

 さて、N26口座開設後の実直レポートに戻る。まず、筆者は別のドイツの銀行の口座から30ユーロを送金してみたが、口座開設直後(カードはまだ届いていない)に送金できた。

 それだけではない。現物としてのカードがまだ届いていないのに、もうカードは利用可能なのである。

 口座作成直後、現物のカードも手にしていないのに200ユーロの買い物ができる。N26はオンラインでのチャットサポートを提供しているため、質問してみた。

 ――なぜ、すぐに200ユーロを使えるのか分かりません。N26のカードは、銀行発行のカードなので、デビットカードと思いましたが、もしかしてクレジットカードなのでしょうか? クレジットカードならば与信しているので、使えるのも分かるのですが、デビットカードならなぜ使えるのか、ちょっと分かりません。

N26サポート担当者 「基本、N26のカードはMastercardのデビットカードです。貯蓄が無ければ、支払いはできません。Apple Payでの一日200ユーロ利用額制限は、カードの現物がお客さまの手元に届くまでのサービスです。カードが届いたら通常の利用額制限が適用されます」

 カード現物が届くまでの200ユーロ利用は、Apple Payとの提携によるサービスのようだ。「Apple Pay/Apple WalletにN26カードを登録できます」と誘導されるので、お試しで登録してみる。

 ドイツの従来の銀行では振込手続きから、振込先に実際に入金されるまでおよそ一日かかる。翌朝、スマホを見ると、「30ユーロの振込がありました」とのメッセージが届いていた。早速、駅でApple Payを使い切符を買った。現物のカードも届いていないというのに。

●N26の評価ポイント、ビジネスモデルとは?

 ヨーロッパではN26に対して、Revolut、Monzo、Chimeなどさまざまな競合のチャレンジャーバンクが存在する。これらに対するN26の優位性は何か?

 既に5年間N26を利用しているドイツ人の知人に「N26の決定的なメリット」を問うと、

・口座維持手数料が無料

・デビットカード(Mastercard)維持手数料が無料

 に尽きるとのことだ。

 さて、銀行のプロ、別当氏の疑問(N26としての利益がどこから出ているのか?)に戻る。MUFGの記事では、「N26の収益源は、クレジットカード取引で発生するインターチェンジ料、当座預金口座における当座貸越利息、そして為替手数料。このほか、他の金融機関と提携し、投資商品、貯蓄商品、クレジット&ローン、保険などを販売し、レベニューシェア型で収益を得ている」としている。ほかにも、

・サブスクリプションオプションでの収益

・他企業とのタイアップによる収益

などがいわれている。

 ――Apple PayやMastercardと連携しているようで、すぐに買い物できました。

別当氏 「企業タイアップはN26の特徴の1つのようですね。また3種類のカードがありましたが、そのサービスごとにかかる費用と利益をサブスクリプションオプションとして受け取っていますね」

 N26は旅行保険、ホテル、決済サービス(ドイツのワイヤーカード社)、レンタルオフィススペース(WeWork)などさまざまな企業とタイアップしており、会員に特典を提供している。それに加えて、同じくベルリン発の書籍要約購読サービスBlinkist、フィットネスアプリ8fit、エコロジーなエネルギーマーケットLitionなどのサブスクリプション料金割引サービスを提供している。

 ――この割引クーポンで、N26には広告料収益もあるでしょうね。どうも感覚的にですが、N26のシステムにはインターネットベンチャー企業特有の匂いがします。

別当氏 「ITシステムは人をカジュアルにしますね。ルールさえ守れば、こうした広告事業を銀行がやってはいけないということはないですから。企業間のタイアップもウィンウィンで、最初は小さめの金額で粉をかけておいて、うまく発展すれば増額、最終的には買収するという手もある。日本の銀行も見習いたいものです」

 かつては“お硬い仕事”の代表格であった銀行も変わりつつある。N26、社名の数字26はルービックキューブのパーツ数に由来するという。