ディスコが8月7日に発表した、同月1日時点の2021年卒予定学生の内定率は83.7%となった。さらに、就活の難易度について約6割の学生が「厳しい」と回答しており、前年の同調査での比率を大きく上回る結果となった。

●内定率は4.5ポイント低下

 コロナ禍による企業の採用活動の縮小や遅れが、売り手市場だった新卒採用にも大きく影響しているとみられる。特に学生の感じる難易度上昇について、同社の担当者は「(内定を持つ学生でも)志望した会社から必ずしも内定をもらえてないケースが増えた可能性がある」と分析する。

 調査はディスコが8月1日〜6日にかけて、学生モニター約1200人(大学4年、理系のみ修士2年含む)にネット上で実施した。

 8月1日時点の内定率は83.7%となり、前年同期を4.5ポイント下回った。就活を終了した学生(複数内定を持ち就職先は未決定の人含む)は全体の75.1%で、前年同期よりやはり5.7ポイント下がった。

 一方で就活を継続する人は、内定のある学生も含め2割強という結果になった。コロナ禍を受けた企業の採用活動の縮小・混乱を受け、内定率の低下だけでなく、「内定はあるものの、必ずしも希望通りでない」学生が増えているとみられる。

●学生の「就活難易度」、20ポイント悪化

 実際、学生に「就活の難易度」について聞いたところ、59.6%の学生が「難しい」(「とても難しい」「やや難しい」の合計)と回答した。前年同期の同じ調査に比べると約20ポイントも上昇する結果となった。

 就職先が決定した学生に絞ってみても、今回は55.1%が「厳しい」と振り返る結果となった。内定を持ちながら就活を継続する学生についても70%が同様に回答。いずれも前年同期よりやはり20ポイント近く上昇している。コロナ禍の影響で、学生の感じる就活のやりづらさや、希望企業への入りづらさは大きく増していると言えそうだ。