JTBは8月6日、VRを活用した体験型旅行商品「バーチャル修学旅行360」を開発したと発表した。全国の小・中・高校を対象に、「京都・奈良編」の予約受付を8月31日に開始する。新型コロナウイルスの影響で修学旅行などの学校行事が中止や変更となっていることから、子どもたちの学習機会や、観光関連事業者のサービス提供機会の創出を目指す。

 バーチャル修学旅行360では、VR技術を活用した360度の映像による没入感のある体験を提供。バスガイドなど、現地の人とリアルタイムで交流することもできる。また、ものづくり体験やお土産購入など、リアルのコンテンツも組み合わせる。全てのコンテンツを、学校の教室や体育館などで実施できる。

 今回予約受付を始める「京都・奈良編」は、「360度VR映像体験」「オンライン交流」「伝統文化体験」「お土産販売」「その他オプション」の5つで構成。

 360度VR映像体験では、プログラム用に京都、奈良の寺社仏閣などを撮影した360度映像を、専用のスマートフォンに取り付けた簡易ゴーグルを使って視聴する。通常は立ち入ることができない場所や、人の目では見ることのできない角度からの映像など、バーチャルならでは映像を盛り込んでいる。

 オンライン交流では、舞妓、旅館の女将、バスガイド、タクシー運転手などと学校にいながら会話ができる。また清水焼、漆器、扇子、友禅染などの伝統工芸体験や、着物、能などの伝統文化体験を学校で実施するほか、お土産を購入できる機会も設ける。

 販売価格は、360度VR映像体験が生徒1人当たり4800円(税別、簡易ゴーグル付き)。オンライン交流や伝統文化体験などは希望する内容によって価格が異なる。

 京都・奈良編は10月からプログラムを実施。今後は京都・奈良編のコンテンツ拡充のほか、他の地域のプログラム開発にも取り組む。