JR山手線の高輪ゲートウェイ駅前に、期間限定でオープンしたレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」。サッカー元日本代表の中田英寿氏がディレクターを務め、全国の銘酒と高級レストランの料理を提供する。

 会場は大きなホールで、新型コロナウイルス対策もあり客席は100席とゆったりとした空間だ。国内外の短編映画も上映するほか、中田氏が日本各地を旅して見つけた工芸品などを販売するショップも開設されていることは前編記事でもレポートした通りだ。

 このイベントを仕掛けるのは、FMラジオ放送局のJ-WAVE。これまでも多くのイベントを手掛けてきた一方、本格的な食のイベントは初めてだという。

 当初は駅の開業にあわせて3月にオープンする予定だったものの、延期を余儀なくされた。新型コロナ対策を十分に練った上で7月14日にようやくオープン。営業的には厳しい中での開催になった一方で、「不自由な部分があっても、つながりあえて希望が見える場にしたい」とJ-WAVEの担当者は話す。コロナ禍で始まったイベントの舞台裏を聞いた。

●J-WAVEの番組で情報発信

 「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」のオープンを控えた7月、会場には中田英寿氏の姿があった。会場のシンボルともいえる高さ7メートルの「SAKE TOWER」を囲むように作られたカウンターで、自身がパーソナリティーを務めるJ-WAVEの番組「VOICES FROM NIHONMONO」を収録していた。

 2019年4月にスタートしたこの番組は、中田氏が日本全国の文化、伝統、食の数々を探す旅の模様を伝えている。「NIHONMONO」とは日本が世界に誇る“本物”と、その作り手である“本者”のこと。「NIHONMONO LOUNGE」は、中田氏の活動と番組のコンセプトを形にしたイベントといえる。

 この日の収録は、7月18日に放送された。ゲストにミュージシャンのMs.OOJA氏とEXILE、EXILE THE SECONDの橘ケンチ氏を迎え、中田氏とナビゲーターのレイチェル・チャン氏の4人が、会場で味わえる料理と日本酒を紹介しながら、それぞれの「NIHONMONO」について語りあっていた。

●当初よりも4カ月遅れのオープン

 「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」は、JR東日本が高輪ゲートウェイ駅と直結する形で開設した「Takanawa Gateway Fest」(以下、Fest)の一角にある。

 Festでは東京2020ライブサイトや、東京2020ビーチバレーボール日本代表チーム決定戦など、さまざまなイベントが予定されていた。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、その他のイベントも開催できなくなった。

 もともとFest自体、3月から9月までの期間限定イベントだった。終了後には会場は撤去され、新たなまちづくりの建設工事に入る。世界中から多くの企業や人々が集い、新たなビジネスや文化が生まれる国際的な交流拠点づくりを目指すという。JR東日本の担当者は、将来のまちづくりを知ってもらうこともFestの目的だと説明する。

 「この場所には2024年に新しい街ができる予定です。当初は駅が開業してから半年間イベントを開催して、日本全国、海外からのお客さまを迎える予定でした。イベントのスタートが延期となって、開催日数は55日間となりましたが、新しい街への期待感を体現したいと考えています」(JR東日本総合企画本部 萩原彰一次長)

 J-WAVEが「NIHONMONO LOUNGE」の準備を進めてきたのは2年前から。しかし、当初の予定とは大きく異なる形で営業している。レストランの席数は、計画していた196席から間隔をあけることで約半分の100席に絞った。テーブルには飛沫防止のパーテーションを設置し、会場の至るところに消毒液も用意。事前予約制にして、入場者には検温も実施している。

 支配人を務めるJ-WAVEコンテンツマーケティング局の久保野永靖エグゼクティブプロデューサーは、予定とは違う形になったものの、オープンにこぎ着けたことに安堵の表情を見せた。

 「新型コロナの対策には、最大限の努力を払いました。客席が半分になり、なかなか営業的には厳しいですが、リスナーにもずっと待ってもらっていましたので、オープンできたことはうれしいですね。新しい街づくりの最初のイベントに参加していることにも、大きな意義を感じています」

●開業できない間は無観客ライブを開催

 当初のオープン予定は3月17日。J-WAVEでは準備をほぼ終えつつあった2月末に、オープン延期を決断せざるを得なかった。その後、休業期間は4カ月に及んだ。

 「NIHONMONO LOUNGE」では、中田氏が厳選した日本酒と高級レストランの料理を提供する。料理を出すレストランは週ごとに変わる。普段は酒と料理を楽しめば3万円程度はする高級店が「NIHONMONO LOUNGE」のために用意した限定メニューを、一皿2000円程度で販売しているのだ。一皿の値段は高めのランチと同じ程度に設定し、高所得者層をターゲットにしている。

 「料理は完成度の高い、純度の高い一品一品を用意しました。値段的には少し高めですが、値段以上の価値があると思います。毎週来ても違うメニューが楽しめますし、名店の一皿がそれくらいの値段で味わえるようにして、特別な日に使ってもらうことも想定しています。優れたものを味わえる間口が広がると考えています」

 会場ではJ-WAVEならではの演出が計画されていた。大きなスクリーンで国内外のショートフィルムを上映するほか、特設ステージではアーティストのライブを予定していたのだ。エンターテインメントとともに日本酒と料理を販売できる空間になるはずだった。

 しかし、オープンの延期により、すでに準備されていたステージと音響設備は使われない状態になった。この広い空間を使って、休業中でも何かできないかと考えたのが、無観客ライブだった。

 J-WAVEでは、新型コロナの影響によって多くのライブイベントが中止となるなか、「大好きな音楽を、アーティストを、ライブハウスを応援したい」というスローガンを掲げ、「♯音楽を止めるな」プロジェクトをスタート。その一環として「J-WAVE NIHONOMONO LOUNGE」で無観客ライブを開催し、生中継でリスナーに届けた。

 「無観客ライブの開催は急きょ決めましたが、69ものアーティストに参加していただきました。この場所はスタジオとして考えると、まったく密ではありません。広いのでつばきが飛ぶことも意識しなくていいし、生歌を演奏する会場としては最高の場所でした。いろいろなアーティストが喜んで発信してくれて、大変感謝しています」

 「NIHONMONO LOUNGE」のオープン後、客の前でのライブは回避せざるを得なかった。それでも、レストランがオープンしていない時間帯に、ライブの発信を続けている。

 7月24日には、昨年は横浜アリーナで20回目の開催を迎えた夏の大型屋内ライブイベント「J-WAVE LIVE」を、「NIHONMONO LOUNGE」と有明の「東京ガーデンシアター」から生中継などで放送。新型コロナの影響が続く中、「NIHONMONO LOUNGE」は音楽をつなぐ貴重な場となっている。

 「新型コロナの感染が拡大したことで、『もうライブは駄目だ』『ライブはなくなってしまうかもしれない』とみんなが思っているときでも、ここからライブの発信を続けました。リスナーから『勇気をもらった』『元気をもらった』という声が届いて、アーティストも希望を感じたと思います。

 少し不自由な状態は続いていますが、いずれは酒を飲みながら音楽を聴けるようになるためのファーストステップではないでしょうか。この場所でみんながつながり合えて、希望が見えるようになればいいなと思っています」

●サッポロビールも出展 恵比寿に続く新駅を祝う

 「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」は、音楽だけでなく、酒や食を通して、人と人をつなぐ場でもある。

 会場から公開生放送している番組「YEBISU BEER BEGINNINGS」のスポンサーにもなっているサッポロビールは、会場にヱビスビールのプレミアムカウンターを出展。2週間程度の期間替わりで、数種類のヱビスブランドのビールを楽しめる。出展は、山手線の新駅誕生を祝ってのことだとサッポロビールの担当者は説明する。

 「ヱビスビールは今年誕生130年を迎えました。恵比寿という街は元々ありませんでしたが、ヱビスビールの工場があったことで駅ができ、恵比寿という街になりました。今回、同じ山手線の5つ隣りに高輪ゲートウェイ駅が誕生したということで、新しい街の始まり祝い、盛り上げていきたいと考えて出展しています」(サッポロビールマーケティング本部ビール&RTD事業部第1グループ沖井尊子課長代理)

 会場で味わえる日本酒は、中田氏が日本全国の酒蔵を巡って厳選した159蔵の銘柄を取りそろえた。会場には中田氏が出会った伝統工芸品や日本茶などを販売するショップ「NIHONMONO TOKYO」も開設。中田氏は国内最大級の日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」もプロデュースしているが、伝統工芸品のショップを展開するのは今回が初めて。中田氏は「より多くの人に生産者のことを知ってもらいたい」と話している。

 「全国をまわって、いろいろな蔵元や生産者と会ってきました。より多くの人たちに全国のすばらしい職人を知ってもらいたいという気持ちが一番強いです。日本酒は毎週20蔵ずつ紹介しますが、それはより多くの人に覚えてもらいたいからです。1日に159蔵を見せても、なかなか覚えられないですよね。実際に楽しんでもらって、次につながればと思っています。

 もちろん僕のフィルターと波長が合う人もいれば、合わない人もいると思います。できる限り時間を使って、勉強して、全国の現場を見て厳選したものばかりです。試してもらって、少しでもその良さを感じてもらえればと思います」(中田英寿氏)

 「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」の開催期間は9月6日まで。イベントに関わる多くの企業人たちは、コロナ禍での不自由さを感じながらも、つながり合える場として盛り上げようとしている。

(ジャーナリスト 田中圭太郎)