中国で制作され、日本でもミニシアターでの公開ながら異例のロングランヒットとなった長編アニメ映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』。日本配給を行っているチームジョイ(東京・渋谷)は、この作品の日本語吹替版を、2020年11月7日より全国公開することを8月27日に発表した。

 『羅小黒戦記』は中国の漫画家でもあるMTJJ監督と、寒木春華(HMCH)スタジオが制作した作品だ。11年からWebアニメシリーズとして発表し、中国国内で高い人気を獲得。19年には劇場用のオリジナル長編アニメ映画を制作し、中国での興行収入は約48億円を記録した。

 この劇場版は日本国内でもミニシアターでの上映ながら、中国国内とほぼ同時期の19年9月に公開した。アニメ業界の関係者がSNSで話題にしたことをきっかけに、日本のアニメファンからも注目を集めるようになり、一時はチケットが2週間前に予約完売するほどのヒットを記録。新型コロナウイルスによる映画館の営業自粛により本作の上映も中断していたものの、営業再開後の20年5月からは、神奈川県・川崎市など日本各地の劇場で再び多くの観客を集めていた。

 ITmedia ビジネスオンラインでは本作のヒットに注目し、日本配給を担当したチームジョイの白金(パイジン)代表取締役CEOをはじめとする関係者に取材し、ヒットの背景と、その影響を多角的に分析した記事を掲載した。

 白金CEOは取材の際に「日本の大手アニメ関連企業をパートナーとして、日本語吹替版による再展開を予定している」と明かしていた。今回の発表で、そのパートナーがソニーグループのアニプレックスであることが明らかになった。

●パートナーは『鬼滅の刃』のアニプレックス

 アニプレックスといえば、19年のテレビアニメ放送後も話題を席巻し、20年10月には新作映画も公開される『鬼滅の刃』をはじめ、コロナ自粛が続く20年8月においてもヒットを記録したアニメ映画『劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]』などの人気作を多数擁している、国内で勢いのあるアニメ企業だ。『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』と題された日本語吹替版は、アニプレックスが制作を担当し、アニプレックスとチームジョイの共同配給になる。

 日本語吹替のキャスティングは、主人公である黒猫の妖精シャオヘイを、新海誠監督作品『言の葉の庭』など多数の作品でヒロインを務めている花澤香菜を起用。植物を自在に操る妖精フーシーは、『鬼滅の刃』の冨岡義勇役などを演じている櫻井孝宏。そして人間でありながら最強の執行人であるムゲンを、声優としてはもちろんテレビドラマ『半沢直樹』などで俳優・歌手としても活躍している宮野真守と、アニメファンも納得のキャストが顔をそろえている。

 また日本語吹替版の音響監督は、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』などの岩浪美和が担当。岩浪監督といえば、自身が音響を手掛けたアニメ作品の企画上映の際に、映画館の音響システムを自ら細かく調整するといった強いこだわりで知られているだけに、今回の日本語吹替版も万全の態勢で制作されていることが分かる。

 今回の発表に合わせて公開された特報では、以上に紹介した各キャストの演技が確認できるようにした。

 日本語吹替版の発表にあたり、アニプレックスの中山信宏プロデューサーは以下のコメントを寄せている。

 「中国で製作されていながら、どこの国にも通じる純粋に面白い物語だと思いましたし、画面にこめられたクリエイターの熱量には、アニメーション製作に関わる者として、ある意味、嫉妬をするほどでした。そしてそんな気持ちを超えて、この作品のファンになった者として、日本語版を作ることで、より多くの人にこの作品の面白さ、素晴らしさが伝えられるのではないかと思い、今回の企画を進めました。

 今この吹替版制作のアシスタントを務めているのは、社内で私にこの作品を薦めてくれた者です。権利許諾など、彼が率先して動いてくれたおかげで、この吹替版を制作することができました。これもまた『ロシャオヘイセンキ』という作品が持つ魅力に魅了された者の熱量によってなしえたものだと思います」

 日本語吹替版もまた、『羅小黒戦記』という作品の持つ“熱量”に導かれて世に出たものとなっている。今なおコロナ禍の影響がぬぐえない日本の映画ビジネスに、本作の全国公開がどのような効果をもたらすのか注目だ。(フリーライター伊藤誠之介)