東京・竹芝エリアの開発推進を目的に東急不動産と鹿島建設が設立した事業会社、アルベログランデは8月31日、9月14日に開業する「東京ポートシティ竹芝」(東京都港区)で、ロボットの実証実験を実施すると発表した。新型コロナウイルス対策が求められている中で、非接触や遠隔でサービスを提供するための先端技術を実証する。

 実験期間は9月14〜17日の4日間。東京都による先端テクノロジーショーケーシング事業「Tokyo Robot Collection」の一環として実証実験を実施する。

 実験のテーマは「都市型複合施設のニューノーマル実現に向けた実証」。都市型複合施設では、感染症対策のほか、業務の自動化や効率化が求められている。実験では非接触・非対面・遠隔でのサービス提供を行うなど、オフィスワーカーや施設利用者、テナント関係者が安心して効率的に活動できるようにする技術を実証する。

 実験に使用するロボットは公募で選定した。自動で来客の発熱を検知したりマスク着用を確認したりするロボットや、遠隔操作でコミュニケーションをとったり案内をしたりするロボット、自立走行する搬送用ロボットなど6点を、オフィスタワーの低層フロア(商業ゾーン・スキップテラスなど)で実証する。

 東京ポートシティ竹芝のオフィスタワーでは、入居するソフトバンクと共同で「スマートビル」を構築する取り組みも進めている。ビル内の環境変化、歩行者の滞留、設備の不具合、公共交通機関の遅延など、さまざまなデータを収集・分析するプラットフォームを導入し、リアルタイムで活用。オフィスワーカーの利便性や快適性の向上、ビル管理の効率化につなげる。