ファーストリテイリングが9月2日に発表した「ユニクロ」の国内売り上げ実績(速報)によると、8月の既存店売上高は前年同月比29.8%増だった。猛暑だったことから夏物衣料品の販売が好調。「エアリズムマスク」も人気だった。

 既存店売上高は、新型コロナウイルスの影響が大きかった3〜5月は前年同月を下回ったが、6月以降はプラスに転じ、3カ月連続で前年を上回った。8月は、前年同月と比べた増加率が6月(26.2%増)を超え、感染拡大後で最大だった。

 また、客数も26.0%増と大幅に増加。客単価は3.0%増だった。既存店の数は計705店舗。

 8月は記録的な猛暑だったことから、通気性を高めた素材「エアリズム」の商品や、Tシャツブランド「UT」など、夏物の中心的な商品が好調だった。また、在宅需要に対応する衣料品などのほか、8月に一部改良したエアリズムマスクの人気も客数や売上高に寄与した。