日本時間9月16日早朝に行われたアップルの新製品発表イベントでは、期待された新型iPhoneの発表はなかった。例年、iPhoneは9月に発表され同月発売となっていたが、アップルは次のiPhoneの発売が遅れることを予告していた。業界では、5Gに対応し10月上旬に発売されるとの見方が強い。

 代わりに発表されたのが、血中酸素濃度を測定できる機能を追加した新型の「Apple Watch Series 6」と、廉価版の「Apple Watch SE」。そして新型の「iPad Air」と「iPad」だった。

 Apple Watch Series 6は、血中の酸素濃度(SpO2)や最大酸素摂取量(VO2 Max)を計測するセンサーを搭載した。動作速度を20%高速化させたほか、画面輝度も引き上げて屋外での視認性を向上させた。価格は4万2800円から。廉価版のApple Watch SEは、2万9800円から。いずれも9月18日から発売する。

 iPad Airは、「iPad Pro」に似た側面がフラットなデザインに変更した。また、指紋認証センサーのTouch IDを側面の電源キーに一体化させた。10.9型のディスプレイは狭額縁設計とし、USB-Cケーブルに対応した。価格は6万2800円から。10月に発売する。普及版となるiPadは価格を3万4800円からと抑え、動作速度を40%向上させた。9月18日に発売する。