ダイドードリンコ(大阪市)は、商品パッケージ裏面の栄養成分やカロリー表示を前面に表示した「裏面自販機」を発表した。9月17〜23日までの期間限定で、JR静岡駅直結の「静岡駅ビル パルシェ」に設置するという。健康意識が高いといわれる、20代前半〜30代後半の「ミレニアル世代」をターゲットにしている。

 「裏面自販機」では、商品の裏面に記載されている成分やカロリー量をあえて前面に表示する。健康意識の高まりから、自動販売機でも成分表示やカロリー量を確認したいとの要望があり実施に至った。「ダイドーブレンド」のコーヒー商品や、糖や脂肪の吸収を抑える機能性飲料、熱中症対策ができる飲料などを取り扱う。商品のパッケージや中身は通常の商品と変わらない。

 広報担当者によると静岡県に設置した理由は、創業時から本社に次ぐ重要な拠点としていたためだという。同社は「自販機では普段は見られない商品の成分や機能の視点から、自分にぴったりな商品を探してほしい」としている。