RIZAP(ライザップ)は新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言発令中の4月14〜26日にテレワークに関するアンケート「RIZAPウェルネスプログラム調査」を行った。結果を見ると、回答した企業のうち85%がテレワークを導入しており、その6割以上が従業員の健康に不安を抱えていることが分かった。健康が不安な理由のトップは運動不足、2番目はコミュニケーションストレスという結果だった。

 ライザップは有名なテレビCMのおかげで、「パーソナルジムでダイエット」というイメージが強いが、健康やボディーメークに関する事業も手掛け、企業向けのサービスも提供している。今回は、法人事業部の部長である杉原悠治氏、法人事業部インサイドセールスユニットユニット長の河田まゆみ氏、法人事業部法人プログラムユニットトレーナーの近田眞奈氏に、テレワーク下で従業員の健康やメンタルが損なわれるのを防ぐためにどうしたらいいのかを伺った。

 RIZAPウェルネスプログラム調査は、回答した企業の半数以上が東京都内の企業で、業種で多かったのは製造業や卸売業・小売業など。従業員数は1000人以上が最も多く、比較的大きな企業が中心となった。緊急事態宣言の中、テレワークをした企業は85%で、完全にテレワークで業務を遂行していたのは16%。多くの企業は日替わりや交代制でテレワークをしていたようだ。

 「最近よく聞く企業課題は従業員の運動不足です。在宅ワークで、仕事とプライベートのオン/オフの切り替えがうまくできず、メンタルの不調が増加したという声も聞きます」と杉原氏は話す。通勤しなくなったことで、運動不足が問題になってきているようだ。緊急事態宣言が解除されてからは、久々に通勤する際に筋力低下で転倒するなどの通勤事故も増加しているという。「正月太り」ならぬ「コロナ太り」という言葉もよく聞くようになり、新たな課題として表面化している。

 調査では、他にもユニークな質問を行っていた。曜日別のパフォーマンスに関する質問では、最も多かったのは「曜日により変化無し」という回答。次いで、パフォーマンスが良い曜日には月曜と金曜が同率で挙がった。悪い曜日では、月曜と答えた人が多かった。

 同様に、パフォーマンスの良い時間帯と悪い時間帯を聞いたところ、朝方(午前8時〜10時)のパフォーマンスが良く、昼食後の午後1時〜3時が悪いと答えた人が多かった。「このアンケート結果を受けて、お昼休み明けの時間帯にストレッチや運動コンテンツを従業員の皆さんに提供しませんか、とご提案させていただいています。当社ではトレーナーと一緒にスクワットなどを5〜10分行い、午後の集中力を高めるコンテンツなどを用意しております」(河田氏)

 ライザップの法人事業部では、トレーナー講師を派遣し、従業員の健康リテラシーを向上させる「RIZAPウェルネスプログラム」を用意している。ただし現在は、トレーナーを派遣することや、多数の従業員が1カ所に集まることができないので、オンラインでコンテンツを提供しているという。

 配信コンテンツは2種類を用意しており、単発で120分の講習を実施して生活習慣の改善のきっかけにしてもらうことや、3カ月間で8回の講義を受けながら、アプリを利用して個別に支援を受けることができる。LIVE配信セミナーはZoomやMicrosoft Teams、Vimeoで配信するので、オフィスに出社している人も、自宅でテレワークしている人も、一緒に健康について学ぶことができる。オフィスや自宅など、ばらばらに離れて仕事をしている人たちが同じ瞬間にコンテンツを体験することで、その時間だけでも「みんなでトレーニングをする」という一体感が出て、メンタルにいい影響があるという。

 「運動はメンタルにも効果があります。体を動かすと、元気にしてくれるホルモンが分泌されたり、モチベーションアップやリフレッシュにつながったりします。オンラインセミナーの参加者とはチャットでやりとりしていますが、体を動かすことでリフレッシュしたいとか、汗をかきたいという声がすごく多いです。参加後は、すごく気持ちが前向きになったとか、また頑張ろうと思えるようになったという声をいただいています」(近田氏)

 実際、ライザップが筑波大学と共同研究した結果によると、ウェルネスプログラムに参加して運動することでメンタルに好影響があることが明らかになっているそうだ。

 特に、入会時にBMI(=Body Mass Index、身長と体重から算出した肥満度を表す指標)が高い人ほど、自分に自信がなく、うつ傾向が高かったが、運動の成功体験を積み重ねることで、自信が付いて物事を前向きに捉えられるようになったという。この調査は対面でのトレーニングだったが、オンラインでもほぼ同じ結果がとなるだろう、と河田氏は見ている。

●オンラインでも対面実施と変わらない効果

 SOMPOひまわり生命保険は、全国の従業員など約1500人が「RIZAPウェルネスプログラム」に参加した。120分間のセミナーを体験した後にアンケートをとったところ、参加前の「健康無関心層」は50%だったが、セミナー後は6%にまで激減。94%が健康に意識を向けるようになった。プログラムを対面で実施した場合の意識変容は95〜98%とのことで、オンラインでもほぼ同じ結果が得られることが分かる。

 「オンラインセミナーの効果が薄くならないように、一方的に配信するだけでなく、チャットなどで個別にアドバイスすることで、満足度が高くなっていると考えています。コロナ禍でなくても、1500人が集合することはなかなか難しいので、LIVE配信セミナーは逆にオンラインならではの強みになっていると思います」と河田氏は話す。

●従業員の運動不足、解消するには

 テレワークで問題になる従業員の運動不足だが、どのように対策をとればいいのだろうか。近田氏は「急に動くのは危険です」と話す。運動不足だからと急に体を動かしてしまうと、逆に拒否反応を起こして体調を崩してしまうことがあるのだという。まずはストレッチしたり、スクワットを週2回したりなど、自分ができる範囲で始めるのが良いそうだ。

 また、家で仕事をしていると食事がおろそかになることもある。しかし、食べないこともNG。「運動量が経ると消費カロリーが少なくなるので、食べなくなってしまう人が増えます。しかし、食べないことが太る原因にもつながっていくので、2〜3品以上を食べるということを意識してほしいです。例えば、おにぎりだけではなく、緑の野菜が入っているものと、肉や魚なども一緒に食べましょう」(近田氏)。軽微な運動と、バランスのよい食事、こうした簡単なことでも従業員の健康を改善できることは押さえておきたい。

 最後に、今後の展望を聞いた。「3カ月で8回の講義と食事指導を行う、1対1と1対n形式を融合した『結果にコミットコース』のオンライン版を開始する予定です。Zoomのブレイクアウトルーム機能を利用して、事業所内で5人ごとのグループを作り、オンラインでも対面と変わらないコンテンツを提供する予定です。講義内のディスカッションの時間では、今週できたことやできなかったことをシェアし、成功事例を共有したり、挫折しそうな人をサポートしたりして、チームで目的を達成するコンテンツを想定しています」(杉原氏)

 河田氏は「ライザップとしては、筋肉量が減って身体機能が低下する『サルコペニア』の対策に取り組んでいます。日本の平均寿命は女性が80代後半、男性でも80代前半ですが、健康的に活動できる『健康寿命』を見ると10年ほど下がってしまいます。介護を受けたり、寝たきりになったりする期間を当社のノウハウを使って縮めて、日本の健康と活力に貢献していこうとしています」と締めくくった。

 コロナ禍のせいで、自宅にいる時間が増える状況はまだまだ続きそうだ。従業員の健康やメンタルに深刻な影響が出る前に、手を打つことが求められている。