ホワイトなのかブラックなのか。はたまた経営陣と現場の乖離が問題なのか。

 社員への未払い残業代があったとして、居酒屋大手ワタミが労働基準監督署から是正勧告を受けた問題で、先週(10月2日)、この社員の記者会見が開かれ、「上司が労働時間を書き換えていた」という由々しき事実が明らかになりました。

 ワタミといえば2008年6月、居酒屋で働いていた新入社員が過労自殺した際に、「労災認定の件は非常に残念であるが、労務管理ができていなかったとの認識はない」と、同社の創業者であり取締役会長の渡邉美樹氏が、自身のTwitterで発信し、物議をかもしました。

 そのワタミのグループ会社「ワタミの宅食」で違法残業が発覚。問題になった正社員の女性(40代)は、「ワタミの宅食」の事業所の所長さんで、2カ所の事業所を任されていました。

 報道によれば、今年7月18日までの1カ月の残業時間は、「過労死ライン」を大きく上回る175時間。女性は休日出勤も頻繁にしていて、この社員の上司にあたるエリアマネジャーが、社員が打ち込んだ出勤記録を改ざんしていたそうです。

 また、女性は現在、精神疾患を患って休職中で、女性によると、同社は過去に過労死問題を起こしたため、このエリアマネジャーからは「ワタミは労基署から目をつけられている」などと聞かされていたとも報じられています。

 会社側は改ざんした理由を明らかにしていませんが、もし、仮にもし、「労基署から目をつけられている」ことから逃れるために、“長時間労働隠し”があったとしたら、実に残念です。

 そもそも、ワタミの宅食では、社員である事業所の所長さん1人が、宅配をする個人事業主の配達員十数人をマネジメントしているとされていますが、「1人の社員」に任せるというシステム自体にも無理があったのでないか。いわゆる「身代わり残業」の横行です。

●“下”の景色が見えていないトップ

 いずれにせよ、ワタミは08年以降、精力的に職場環境の改善に努め、ホワイト企業にも認定されていました。

 コロナ禍でも、いち早く休業を強いられていた同社の社員が「稼げるように」と、人材派遣会社「ワタミエージェント」を設立。休業店舗の正社員約780人とアルバイト約1万人が希望すれば、人出不足の小売店や農家などに派遣し、契約に応じて給与を払うとしていました。

 正社員は派遣社員になった後も雇用契約を維持し、休業手当の支給も約束するなど、「ワタミがんばってる!」感ありありの戦略に出ていたのです。

 それなのに「不法労働」とはわけが分かりません。派遣会社を作り他社に派遣するくらいなら、自分のグループ会社をサポートすればよかっただろうに……。階層の“上”からは、“下”の景色が見えてなかったということなのでしょう。

 私はこれまでたくさんの会社を取材させていただきましたが、問題を抱える会社は例外なく上と下が断絶していました。しかも、トップはそのことに1ミリも気付いていませんでした。

 そういった会社では大抵の場合、社員は「ナマ社長」を見たことがないのです。トップが“下”におりて、社員たちと接し、情報を取りに行くことをしないので、「幽霊社長」に成り下がります。

 一方、社員が生き生きと働いている会社のトップは、誰一人として社長室にこもることがなかった。毎朝、社内を1時間かけて歩きまわったり、社食で従業員たちと食事をしたり、それぞれのやり方で、それぞれの考えで、社員と“人”としてつながる場や機会を意識的につくり、MBWA(Management By Walking Around)を実践していました。

 「いやいや、うちはちゃんと週報というのがあって、問題があれば社員から上がるシステムを作っています」と胸を張るトップがいますが、下は都合の悪いことは報告しません。情報は自分から取りに行く。これが「元気な会社」の基本なのです。

●長時間労働・睡眠不足が命を削る

 そもそも長時間労働は「命を削る労働」です。私たちがヒトという霊長類の動物である以上、「日が暮れれば寝る」のは至極当たり前で、私たちの身体は「夜は寝るためにある」という前提でプログラムされています。

 例えば、過労死が長時間労働による突然死であることは、国内外を含め多くの研究で確かめられていますが、睡眠不足がその危険度をより高めることが、九州大学の研究グループの調査で明らかになっているのです。

 調査では「心筋梗塞の男性患者260人」と「健康な男性445人」の労働時間と睡眠時間を比較し、発症のリスクを検証。その結果、次のことが分かりました。

・「長時間労働で、十分寝ている」(週労働60時間以上・睡眠6時間以上)⇒心筋梗塞のリスクは1.4倍

・「長時間労働で、睡眠不足」(週労働60時間以上・睡眠6時間未満)⇒心筋梗塞のリスクは4.8倍

 長時間働いても6時間以上寝れば1.4倍でとどまるリスクが、なんと5倍近くに跳ね上がってしまうのです。さらに、「長時間労働じゃないけど、睡眠不足」(週労働60時間未満・睡眠6時間未満)の場合、心筋梗塞のリスクは2.2倍でした。

 睡眠不足の危険性は、厚生労働省も指摘しています。「睡眠時間が6時間未満では狭心症や心筋梗塞の有病率が上昇、5時間以下では脳・心臓疾患の発症率が上昇、4時間以下では冠動脈性心疾患による死亡率が、睡眠時間7時間以上8時間未満の人の約2倍になるという報告がある」(平成16年度版「厚生労働白書」)

 睡眠不足自体が心臓や脳の負担になる。それに長時間労働が加わることで、さらに負担が大きくなり、精神的にも疲弊し、うつ病などのリスクも高まっていく。

●長時間残業は“カネ”ではなく“命”の問題

 つまるところ、残業は「カネ=残業代」ではなく、「命」とセットで考えるべき問題なのです。もっとも、残業代が支払われていないことは違法だし、大きな問題です。しかし、件の女性が精神障害で休業状態にあることからも分かる通り、「カネ」だけを払えば解決できる問題ではありません。

 日本では、1970年代後半から、中小企業の管理職層で心筋梗塞発症が急増しました。理由は、「長時間労働」が当たり前になったからです。

 第一次オイルショックで景気が冷え込み、その間、国の助成金で社員を解雇しなかった企業が、景気回復後に少ない人数で長時間働かせて生産性を向上させようとした。その結果、80年代に入ると、サラリーマンが突然、心筋梗塞・心不全、脳出血・くも膜下出血・脳梗塞などの疾患で命を失うという悲劇が多発するようになってしまいました。

 いったい何人の人たちが、長時間労働で命を奪われていったか。いったいどれだけの人たちが、長時間労働が原因のうつ病になり、仕事ができない状態になってしまったか。

 人はロボットではないのです。

(河合薫)