札幌市のNoMaps実行委員会は、北海道発のクリエイティブコンベンション「NoMaps2020」を10月14日から18日に開催する。新型コロナウイルスの影響から今年はオンラインを軸にするものの、リアルイベントも札幌文化芸術交流センターSCARTSなどで実施する予定だ。

 ビジネスなどさまざまな分野のイノベーティブな著名人が登壇する「NoMapsカンファレンス」は例年8000円で開催してきた。だが、今年は無料で動画を公開することとし、11月末まで視聴できるアーカイブ視聴チケットは1000円で販売する。

 14日午後1時からのオープニングセッションでは、台湾のデジタル大臣オードリー・タン氏が「市民生活とテクノロジーの調和」をテーマに登壇する。同セッションには地域の住民自身がテクノロジーを活用して、地域課題を解決する「シビックテック」を実践するCode for Japan/Code for Sapporoのメンバーである古川泰人氏がモデレーターを務め、さくらインターネットの田中邦裕社長も参加。その模様はYouTubeで無料公開する。

 また、同日午後4時からの「宇宙ビジネスのNoMaps - 民間リードの産業創生への挑戦」には宇宙ベンチャーであるインターステラテクノロジズの稲川貴大社長やispaceの中村貴裕取締役COO、avatarinの深堀昂氏らが登壇し、これからの宇宙ビジネスについて議論を交わす。

 今年初の取り組みとして、オンラインでの交流を深めるためにオンラインコミュニケーションを円滑にするツールOviceを使ったバーチャルラウンジを作った。参加者同士が音声通話をして交流できるほか、チャット、テレビ会議、プレゼンテーションなどもでき、リアルと変わらないコミュニケーションができるよう工夫を施している。

●街と音楽がシンクロするイベントも開催

 会期中には街と音楽がシンクロするイベント「SYNCHRONICITY 2020」を札幌市北3条広場にて開催。10月16、17日の午後5時30分〜午後8時の間、30分ごとに15分ずつ実施する。ユーザーのスマートフォンから流れる音楽と、街そのものに仕込まれた光などの演出が同期する新しいコンテンツ体験を提供する。

(今野大一)