ソフトバンクは10月14日、スマートフォンやパソコンの専用アプリで管理をするIoTカメラ「スマートAIカメラ」の提供を始めた。カメラには動体検知センサーを搭載している。外部のシステムと連動することで、店舗やオフィスの不正なレジ操作の発見、温度や湿度の管理、混雑度の可視化など、多様な用途に使える。

 カメラは人の侵入など疑わしい動きを検知すると、アプリにリアルタイムで通知を送る。利用者はアプリからカメラを通して音声で注意喚起できる。

 POSシステムや、ドアの開閉センサー、スマートロックと連動することで、開閉時など特定の映像のみを切り出して再生できる。レジにある金額が合わず従業員などによる窃盗の疑いがある店舗は、レジの操作時の映像だけを抽出して、効率的に原因を確認できるという。

 温湿度センサーとの連動では、事前に設定した値から外れた温度や湿度を検知した場合にアプリに通知を送ることで、店舗やオフィスの環境を一定に保てるという。

 混雑度の解析の機能では、リアルタイムの人数カウントとテーブルごとの満席・空席を可視化する。今後、飲食店の予約管理システムとカメラを連携させ、AIが自動で空席を検知して予約システムに反映する機能を追加する予定だ。

 カメラの大きさは13.9(高さ)×8.9(幅)×8.9(奥行き)センチで、重さは560グラム。画角は135度で、約200万画素、解像度は1920×1080ピクセル。音声の入出力の機能も備えている。

 すでにSCSKサービスウェアでの導入が決まっており、営業終了後のコールセンターの警備や、営業時間中の温湿度や出勤率の可視化のため使用する。