明治安田生命は、0歳から6歳までの子どもがいる既婚男女1100人を対象に、子育てに関するアンケート調査を実施した。調査期間はコロナ禍による「ステイホーム」期間を終えた後となる6月12日〜15日。その結果、子どもを「さらに欲しい」と望む人は過去最多となった。

 子どもを「さらに欲しい」と回答したのは、全体のうち30.5%で、前年に比べて10.2ポイント増加した。この数字は調査を開始した2018年以来、過去最多となった。

 男女別で見ると、男性は21.6%と前年から2.7ポイント増加したのに対し、女性は39.5%と前年に比べて15.9ポイントと大きく増加。夫よりも妻の方が、子どもをさらに望む割合が増えた。

●「教育費がかかるから」消極的は減少

 子どもを生むのに消極的な人のうち、前年最も回答数が多かった「教育費がかかるから」という回答は、32.5%(14.5ポイント減少)と大幅に減少した。2019年10月に施行された「幼児教育・保育の無償化」により、教育費への懸念が減ったとみられる。

 また、「仕事との両立が難しいから」という回答も12.8%と減少した。新型コロナによって男女ともにテレワークの活用が進み、育児と仕事の両立を図りやすくなったことで、女性が子どもをさらに望むようになったとみられる。

●子育てにかかる月額費用の平均は?

 子育てにかかる月額費用は平均3万6247円で、前年に比べて4440円減少。 18年の調査開始以来、過去最低の金額となった。

 子育てで最も負担が大きいと感じている費用は「保育園・ 幼稚園代」(43.3%)だったものの、前年の66.9%から大幅に減少。幼児教育・保育の無償化により、 負担割合が一番高い保育園・幼稚園代の負担が軽減した。

 一方、新型コロナの影響により、「日用品」は25.2%(前年比11.2ポイント増加)、「食費」は37.1%(前年比9.5ポイント増加)と、負担を感じる割合が増加した。

●子育て世帯の「理想の年収」は?

 子育て世帯の年収は787万円(男性634万円+女性153万円)と、前年と比較して32万円アップした。しかし、理想の世帯年収は1096万円(男性792万円+女性304万円)となり、前年と比べて64万円増えた。現実の年収は前年より上がったものの、理想の年収も上がったため、理想と現実の差が前年よりさらに広がる結果となった。

 特に、女性自身の理想の年収は、男性自身の理想の年収の増加幅よりも大きく、先行き不透明なコロナ渦で不安を感じていることがうかがえる。テレワークにより仕事と子育てが両立しやすい環境になったことも要因にあるとみられる。