フィリップ モリス ジャパン(PMJ)は10月21日、韓国の大手たばこ企業KT&G製の加熱式たばこ機器「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」を、10月26日に国内で発売すると発表した。メーカー希望小売価格は6980円(税込、以下同)で、色はプリズム・ホワイト、マット・ブラック、メタリック・ブロンズ、コバルト・ブルーの4種類。

 リル ハイブリッドは、たばこスティックとリキッドを組み合わせて使用する商品で、専用たばこスティック「MIIX(ミックス)」(500円)と、「リキッド カートリッジ」(60円)もあわせて販売を開始する。韓国以外の国での販売は初めて。ミックスは「レギュラー」「アイス」「ミックス」の3種類を展開する。

 たばこスティックを差し込むと自動的に加熱がスタートする。また、定期的なクリーニングの必要がなく、フル充電で20本、1度に3本まで連続して使用できる。また側面には、使える回数やリキッド残量などを表示するディスプレイを搭載している。

 10月26日から宮城県、福岡両県のIQOSストアや、ヤマダ電機の一部店舗で販売を開始する。11月9日からは両県のドン・キホーテの一部や、コンビニエンスストアなどでも販売する。宮城、福岡での反応を見ながら、他地域での販売を検討するという。

 親会社のフィリップ モリス インターナショナル(PMI)は、将来的に紙巻きたばこ市場からの撤退を目指すと明言するなど、紙巻きたばこから加熱式たばこへの切り替えを促している。PMJは既に加熱式たばこの「IQOS(アイコス)」シリーズを展開しているが、リル ハイブリッドを既存の加熱式に不満を持つ紙巻きたばこユーザーに訴求する考え。移行を促してシェアの拡大を狙う。