JR東日本は10月21日、2021年春に予定している終電時間の繰り上げなどについて概要を発表した。

 在来線17路線で終電時間を繰り上げ、5路線では初電を繰り下げる。混雑緩和のため一部では終電前に増発するほか、金曜日などは臨時列車を運転するという。鉄道工事に携わる作業員の働き方改革実現や、鉄道設備の保守作業のスピードアップ、行動様式の変化に対応するためだとしている。

 終電時間の繰り上げは山手線のほか、京浜東北・根岸線、東海道線などが対象。高崎線と青梅線では最大37分繰り上げられる。また、京浜東北・根岸線、中央線各駅停車、総武線各駅停車、常磐線の快速と各駅停車は、初電時間が3分〜17分程度繰り下がる。

 山手線では、外回りの新宿駅発が、現行の午前1時発池袋行きを16分程度、内回り新宿駅発は午前1時発大崎行きを19分程度それぞれ繰り上げる。

 終電時間の繰り上げなどは、郊外から都心に向かう列車でも行う予定。具体的な実施日や詳細時刻は12月に公表するとしている。また、JR西日本も21年春のダイヤ改正で30分程度の繰り上げを明らかにしているほか、首都圏の私鉄各線も検討している。