青山商事は10月19日、スーツやビジネスカジュアルのウェアリングにおけるフォーマル度合いを可視化した「ガイドライン」を公開した。ビジネスシーンでフォーマルとカジュアルの境界線が曖昧(あいまい)になっていることを受け、顧客から問い合わせが増えていることが背景にあるという。

 新たに策定したガイドラインでは、ワイシャツ、ネクタイ、レザーシューズなどを組み合わせる一般的なスーツスタイルをフォーマル度が最も高い星5つとした。また、Tシャツやスニーカーなどのアイテムをコーディネートするものは星3つとなる。

 同社は10月19日に公式Webサイトにガイドラインを紹介する特設ページも用意した。同サイトでは、「スーツスタイル」「ジャケパンスタイル」「ノンジャケットスタイル」「テレワークスタイル」といったカテゴリーに分けている。例えば、コロナ禍の影響で関心が高まる在宅勤務中のスタイルについては、フォーマル度が星1〜2つのスタイルを提案しており、具体的に示すことで顧客の利便性向上を狙っている。