日産自動車は10月21日、新型コンパクトSUV「マグナイト」を発表した。インドで2021年初頭に発売し、販売地域を広げていく。構造改革の一環としてグローバルの商品ラインアップを拡充し、多様な環境におけるニーズに対応する。

 新型マグナイトは、現在同社が進めている事業構造改革で重要な位置付けとなるモデルとして、インドの顧客のニーズに合わせて開発。日本でデザインし、同社の栃木試験場を活用して開発した。インドでは日産として初の小型SUVで、大胆なエクステリア、広い室内空間、力強いターボエンジン、先進的な安全技術が特長だという。「あらゆる都市環境での運転に最適なモデル」(同社)に仕上げた。

 外観デザインは、元気で若々しいイメージ。シャープなLEDヘッドランプの下に、L字型のデイタイムランニングライトを採用している。日産の新しいブランドロゴが入ったグリルも存在感を強めている。

 インテリアは、運転席と助手席の空間を広くとっている。後部座席にも、足元にゆとりある空間を持たせた。メーターには7インチのTFT液晶ディスプレイを採用することで、高級感を出している。

 エンジンは、セグメントトップクラスの性能という新型1.0リットルターボエンジンを搭載。最低地上高は205ミリと、荒れた路面でも安心感がある高さを確保した。安全装備は、周囲にある障害物を見やすくするアラウンドビューモニターを搭載している。