アイリスオーヤマは11月4日、法人向け清掃ロボット事業に参入すると発表した。多様な業種の利用ニーズに合わせて最適化できる「Whiz i IRIS EDITION(ウィズ アイ アイリス エディション)」を11月10日に発売する。

 Whiz i IRIS EDITIONは、ソフトバンクロボティクス(東京都港区)が開発・製造する除菌清掃ロボット「Whiz i(ウィズ アイ)」をベースにしたモデル。

 料金は月額で3万5000円(税別)。オフィスや商業施設に導入することで、清掃業務を自動化できるほか、外部機器と接続することで、スピーカーやカメラを用いた販促やマーケティングへの活用などにも応用できるとしている。

 また、AI(人工知能)が自動で清掃ルートを定める機能を搭載。清掃コストを削減できるほか、清掃に従事する作業員の負担を軽減し、生産性向上につながるという。

 新型コロナウイルス感染防止の観点や人件費削減を目的に、各企業のオフィスや商業施設で、接客や清掃に従事するロボットの導入が相次いでいる。アイリスオーヤマは、法人向けに特化した清掃ロボット事業に参入し、法人事業の基盤拡大を図りたいとしている。