人材紹介会社のエンワールド・ジャパン(東京・中央)は、同社のサービス登録者で、外資系企業や日系グローバル企業の正社員かつ、年収800万円以上のグローバル人材1004人を対象にアンケートを実施した。

 その結果、「1カ月〜1年以内に転職したい」または「良い条件の仕事があればいつでも転職を検討したい」と回答した人のうち、新型コロナウイルスの流行をきっかけに転職を検討し始めたのは全体の12%だった。また、新型コロナをきっかけに転職を検討した人の転職希望時期は「1〜3カ月以内」が45%に及び、新型コロナの流行前から転職を検討していた人(21%)を24ポイント上回った。

 新型コロナの流行がきっかけで転職を検討し始めた人の理由で最も多かったのは、「会社の将来への不安」で、46%と半数近くを占めた。これは新型コロナの流行前から転職を検討していた人の回答(33%)を13ポイント上回る結果となった。一方、新型コロナの流行前から転職を検討していた人の理由第1位は「キャリアアップ」で54%だった。

 さらに、両者の回答で大きな差が表れたのが、「転職で実現したいこと」という問いだった。新型コロナの流行がきっかけで転職を検討し始めた人のうち、「業績の伸びている企業で働きたい」と回答したのは34%で、コロナ流行前から転職を検討している人より13ポイント高かった。

 「転職で不安に感じること」第1位は「現在の年齢」で、新型コロナの影響関係なく最多の回答となった。年齢別に見ると、特に40代以上で年齢を不安視している人が多かった。

 本調査から、新型コロナの流行によって会社の将来に不安を感じているハイクラスの人材は、より将来性に確信を持てる成長企業を積極的に探していることが見て取れる。つまり、先行き不透明な時代でも、強固で回復力のあるサステナブル(持続可能性のある)な企業が、ハイクラスの人材をひきつけられることが浮き彫りとなった。