2020年は世界中が新型コロナウイルスに苦しみ、泣いた1年だった。JR東日本と西武ホールディングス(HD)は12月23日、人々の生活変容と、そこから生まれた新たなニーズを背景に、双方の有形・無形資産を組み合わせた包括的な連携を行うと発表した。

 コンセプトは「新たなライフスタイルの創造×地方創生」である。具体的には、新機軸のワーケーションや個人向けの移住トライアルプランなどを提案する。どういった、背景で連携が実現したのか。

●構想からわずか2カ月で包括的連携の発表

 20年10月頃、JR東日本の深澤祐二社長と西武HDの後藤高志社長が直接会い、その中で「両社ならば新たなライフスタイルの提案と、首都圏から地方につなげる取り組みができるのでは」という話に至ったという。両社は以前より良好な関係を築いており、貸切新幹線「プリンスエクスプレス」のツアー列車を東京−軽井沢間で運行するといった連携実績を持つ。

 その後、両社で何ができるか検討を始め、わずか2カ月で後述する3つの軸を作り上げ、12月23日に記者会見を開催した。

 JR東日本は国内最大の鉄道事業者といえる。多くの路線が首都圏における大動脈の役割を果たしている。フル規格の新幹線も東北・上越・北陸の3つを有するなど、ネットワークも広い。また、ショッピングセンター、ホテル、スキー場など多数のグループ会社を抱えている。

 一方、西武HDは、国内外81の子会社を管理する純粋持株会社だ。西武鉄道や西武バスなどの都市交通、レジャーやホテルといったリゾート、不動産、建設、プロ野球の球団運営など、多岐にわたる事業を展開する(注、西武百貨店はセブン&アイ・ホールディングスの傘下)。

 特に、西武鉄道とプリンスホテルは、西武HDの中核をなす存在だ。また、ホテルやレジャー施設のノウハウにも長けている。

 こういったお互いの強みを融合し、3つを軸に包括的な取り組みを進めてゆく。

●新しい働き方・暮らし方の提案

 両社長によるプレゼンテーションで最も時間を割いたのは、新しいライフスタイルの創造に向けたワーケーションの提案だ。「ワーケーション」とは、「WORK」(労働)と「VACATION」(休暇)を掛け合わせた造語だ。優秀な人材の継続的な確保や、長期的な企業価値の向上などにより、ウェルビーイング(企業も個人も健康で幸せな状態)につなげていく狙いがある。

 現在、ワーケーションを実践しているのは、フリーランスやジョブ型企業が中心だという。すなわち一般企業には浸透していないという認識だ。両社は多様な働き方を推進すべく、21年2月から長野県の軽井沢(東京から北陸新幹線で約1時間)を舞台とした2つのワーケーションプロジェクトをスタートさせる予定だ。

 1つ目は企業向けのボランティアワーケーション。ワークをボランティアにすることで、有給休暇の取得促進など、労務課題の解決を図る。宿泊先は軽井沢プリンスホテルで、ボランティア先は軽井沢ガーデンファームといういちご農園。定植、収穫の作業、水やり、畑の整備などを行う予定である。

 2つ目は個人向けの移住トライアルプラン。軽井沢プリンスホテルの滞在を通じて、移住体験をしてもらう。同ホテルに移住アドバイザーを配置し、移住ギャップや空き家問題など地域課題の解決を図る。そして、将来的な移住につなげたいとしている。

 2つのワーケーションは今後、新潟県の苗場や岩手県の雫石にも広げてゆく予定だ。

●ワーケーションを発展させるために

 「ワーケーションを普及させるには、新たな付加価値を提案し、企業の理解を深める必要がある」と考えた両社は、3つの施策を行う。

 1つ目は、「企業への生産性向上、健康経営のサポート」として、企業向けのワーケーション(研修プラン、会場は軽井沢プリンスホテル)を用意。チームビルディング(仲間が思いを1つにして、1つのゴールに向かって進んでいける組織づくり)とコミュニケーションを活性化させることで、ウェルビーイングにつなげてゆく。

 2つ目は、「時間や場所にとらわれない働き方を応援」すること。21年1月5日から、首都圏や軽井沢のプリンスホテル6館で、「STATION WORK」の会員を対象としたテレワークプランを提供する。STATION WORKは、JR東日本が駅やホテルメッツなどで展開するシェアオフィスだ。

 特に個室型ワークスペース「STATION BOOTH」は、3密を避けつつ、ゆったりとしたテレワークができる拠点として整備が進められており、1人用と2人用の2種類を用意している。前者は15分当たり250円(税別、以下同)、後者は15分当たり300円で提供する。

 今後は西武鉄道の沿線駅にもSTATION BOOTHの導入を検討しているという。JR東日本と同じ設備を導入することで、顧客(会員登録)の増加、ビジネス面における利便性の向上が期待できる。

 3つ目は「多様な提案」。北陸新幹線のグランクラス(グリーン車を超える新幹線最高峰の座席)とザ・プリンス ヴィラ軽井沢のテラスタイプ、東北新幹線のグランクラスと雫石プリンスホテルのデラックスツインによる岩木山ビューなどを組み合わせたラグジュアリー志向の旅行プランなどの発売も予定している。富裕層向けのワーケーションといえよう。

●まちづくりに向けた長期的な連携

 両社の資源を生かし、場所や時間にとらわれない働き方や暮らしをサポートするため、MaaS(Mobility as a Service:交通手段による移動を1つのサービスととらえ、シームレスにつなぐこと)を活用したモビリティーサービスの実現を目指す。

 提案するMaasは2つある。

 1つ目は軽井沢駅−軽井沢プリンスホテル−軽井沢エリアの「観光・地域型」だ。観光にも生活にも使える地域の足づくりを進め、利便性の向上を目指す。

 2つ目は品川開発プロジェクト(グローバルゲートウェイ品川)。高輪・品川エリアとプリンスホテルの「都市型」だ。このプロジェクトは、24年頃の街びらきを目指しており、それぞれのエリアにふさわしいサービスの提供を検討する。

 また、連携することで、これまで単独での解決が難しいとされる駅や街(町)の活性化・価値の最大化に取り組み、新たな実現の可能性を検討するという。

●沿線活性化に向けた連携

 沿線活性化に向けた連携の目玉といえるのが、高輪ゲートウェイ駅の「高輪ゲートウェイ駅ポケマルシェ」、西武鉄道石神井公園駅の「西武グリーンマルシェ」のコラボレーションだ。21年3月を予定している。

 この企画は、新幹線の速達性を生かし、東北地方から野菜や魚などを直送するものだ。今後、JR東日本と西武鉄道の相互乗換駅(池袋、高田馬場、武蔵境、国分寺、拝島、東飯能)などで、マルシェの共同開催を進めてゆく。

 新幹線を使った商品直送は、在来線しか走行できない貨物列車にとっては脅威となる。近年はドライバーの高齢化・不足などの課題もある。鉄道にシフトすることで、スピーディーで安定的な輸送が期待できる。将来、座席定員が少ない先頭車を荷物室にするなど、新幹線の可能性を広げることにもつながる。

 このほか、JR東日本の品川駅と品川プリンスホテルの連携プロジェクトを立ち上げる。目指すのは品川エリアの価値創造で、グローバルMICE(Meeting、Incentive tour、Conference、Exhibitionの頭文字をとった造語)による地方創生、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマとしたスタートアッププログラムの連携など。また、フードロスの削減、傘のシェアリング、一部店舗への非対面オーダー決済端末「TTG-MONSTAR」の導入も予定している。

 今回の包括的連携は、都心でのSTATION WORKの拡大、プリンスホテルの新たな展開、日本各地へのワーケーションの浸透拡大などが中心となる。巨大企業同士が手を組み、“「ワーケーション」という名の働き方改革”を提案した形となる。

(岸田法眼)