ソニー損害保険は、新成人のカーライフ意識調査の結果を発表した。調査対象は2000年4月2日〜01年4月1日生まれの新成人1000人。

 普通自動車運転免許を持っているか尋ねたところ、運転免許保有率は51.3%だった。内訳はオートマ限定が36.8%で、マニュアルは14.5%。また、「現在、教習所へ通っている」や「時期は決まっていないが、取得予定」と回答した運転免許取得予定者の割合は30.9%だった。

 車(バイクを除く)を持っているか尋ねたところ、「自分の車を持っている」と回答したのは14.4%にとどまった。一方、「自分の車を購入する予定がある」(9.4%)と「購入する予定はないが、いずれは欲しい」(44.1%)を合わせると、全体の53.5%が購入を前向きに検討していることが分かった。

 車を持っている、もしくは購入する予定があると回答した679人に対し、自分の車を持ちたいと思った理由を尋ねた(複数回答可)。すると、「移動が楽だから」(59.9%)が最も多く、「買い物の際に便利だから」(38.6%)、「レジャー・旅行の際に便利だから」(33.9%)、「通勤・通学で必要だから」(32.4%)、「運転・ドライブが好きだから」(23.1%)と続いた。

●車を購入するつもりがない理由は?

 車を購入するつもりがないと回答した321人に、その理由を尋ねた(複数回答可)。すると、「購入費用を負担に感じるから」(53.3%)が最も多く、「燃料代や修理費など、維持費がかかるから」(35.8%)、「交通事故・トラブルを起こしたくないから」(33.0%)、「車以外の移動手段が充実しており、車に乗る必要がないから」(29.9%)、「交通事故・トラブルに遭いたくないから」(27.7%)と続いた。

 運転免許保有者と取得予定者822人のうち、車の所有に肯定的だった668人に対して、現在ほしい車を尋ねた(複数回答可)。すると、1位は「アクア(トヨタ)」(16.5%)で、2位が「BMW(1シリーズ/3シリーズなど)」(12.9%)、3位が「フォルクスワーゲン(ゴルフ/ポロなど)」(11.2%)、4位が「プリウス(トヨタ)」(10.9%)、5位が「レクサス(RX/NXなど)」(10.3%)という結果に。なお、この調査では、海外メーカーの車やレクサスといった高級ブランドは、車種別ではなくメーカー(ブランド)別で選択肢を提示している。

 今回の調査は2020年12月2〜9日、インターネット上で実施した。