みずほ銀行はコロナ禍による「新しい生活様式」に対応するため、デジタル、リモートによるサービスの拡充を進めている。その第1弾として、自宅でスマホやPCからライフデザインを設計できる「ライフデザイン・ナビゲーション」と、投信口座開設と積立投信申し込みが同時に行える「投資信託口座開設・積立投信申込サービス」の2つを開始する。

 「ライフデザイン・ナビゲーション」は、年齢や家族構成、年収、資産などの情報をもとに、今後の収支や資産残高の推移を自動的に作成するサービス。自動会計簿・資産管理サービス「マネーフォワード for <みずほ>」と連携し、他社で保有する預金や株式などの情報を自動で反映する機能も備える。1月12日から提供する。

 「投資信託口座開設・積立投信申込サービス」は、投資信託の口座開設と積立投信の申し込みをスマホなどから同時に行えるサービス。必要事項の入力とマイナンバー確認書類のアップロードで即日申し込みを受け付け、最短3日で、契約手続きを完了する。みずほ銀行の普通預金口座を持つ人を対象に、1月25日からサービス開始する。