アルバイト経験がある人は、どんな仕事を「楽」だと感じているのだろうか。アルバイト経験がある全国の男女に聞いたところ「イベント・キャンペーン」(117人)を挙げる人が最も多いことが、ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)の調査で分かった。

 「イベント・キャンペーン」と答えた人からは、「試験監督。すべてマニュアルや指示があり、何も考えずに作業ができるから」(20代女性)、「イベント会場の設営補助。現場で指示に従うだけの補助的な仕事であったため、非常にラクだった」(30代男性)といった声があった。仕事が簡単で、対人ストレスも感じにくいため、「楽」と評価した人が多いようだ。

 2位は「軽作業」(109人)。「軽作業」を挙げた人からは、「封入作業。座って仕事ができるし、覚えることがない」(20代女性)、「物流倉庫でライン作業。言われたとおりに流れてくる商品を箱詰めするだけの作業だったので頭を使わず、一定の動きだけすれば問題なかった」(30代男性)などの意見があった。

 3位は「接客・販売」(100人)、以下「受付」(33人)、「教育」(23人)という結果に。「接客・販売」経験者からは、「コンビニの夜勤。田舎のコンビニなので誰も来ないし、1人だったので資格の勉強ができたから」(20代女性)、「古本屋。まったくお客様がこなくて、ずっと携帯を見てなにもしなくてよかった」(30代代男性)といったコメントがあった。

●楽なアルバイトの条件

 楽なアルバイトの条件を聞いたところ、2位を大きく引き離して「簡単でマニュアル通り」(172人)がトップ。「自分で考えたり判断したりしない単純作業や、指示・マニュアル通りに行う仕事を『楽』と考える人が多いようだ」(ビズヒッツ)

 2位は「体力を使わない」(65人)、以下「忙しくない」(62人)、「人との接触が少ない」(39人)、「自分のペースで働ける」(23人)と続いた。

 インターネットを使った調査で、アルバイト経験がある男女500人が回答した。調査期間は1月12日から13日まで。