ローソンは2月2日、宅配サービス「Uber Eats」で医薬品を届けるサービスを2月4日から開始すると発表した。国内で展開するUber Eatsで医薬品を取り扱うのは初めて。東京都内の3店舗から開始し、導入店舗を拡大していく。

 配送の対象となる医薬品は、風邪薬、目薬、胃腸薬、皮膚用薬、湿布薬など、第2類医薬品と第3類医薬品の49種類。医薬品がすぐほしいというニーズはもともと多く、特に最近は新型コロナウイルスの影響で外出機会が減る中で、宅配のニーズが高まっているという。

 医薬品の注文は、Uber Eatsの専用アプリから受け付ける。注文の際には注意事項の説明を表示。注文にはその確認や質問事項への回答が必要となる。店舗では注文された商品を医薬品専用の袋に入れ、登録販売者が確認した上で配達員に渡す。

 2月4日のサービス開始時点での取り扱い店舗は「ゲートシティ大崎アトリウム店」(東京都品川区)、「荏原町駅前店」(同)、「久が原一丁目店」(東京都大田区)の3店舗。店頭で医薬品を取り扱っている店舗数は、現在245店舗となる。

 ローソンでは、全国約1500店舗でフードデリバリーサービスを導入しており、取り扱い商品数は約350品目。医薬品の取り扱いを始めることで、デリバリーサービスをさらに拡充していく方針だ。