日産自動車は2月5日、2021年夏に北米市場で発売する新型車を発表した。大型SUVの「パスファインダー」をフルモデルチェンジして投入するほか、ピックアップトラックの新型「フロンティア」の販売を始める。事業構造改革で掲げる米国市場の収益力向上に向けて、ニーズに対応した新型車を相次ぎ投入し、競争力を高める。

 パスファインダーは、1986年に初代モデルを発売した、耐久性の高さが特徴の大型SUV。新型モデルでも、その特徴を強調する堅牢なデザインに仕上げている。力強いフロントフェイスや安定感のあるフォルム、厚みのあるブリスターフェンダーなどを備える。

 また、初代パスファインダーへのオマージュとして、スリースロットグリルと組み合わされたVモーショングリル、C字型のヘッドライト、流れるようなルーフラインなどを採用。さらに、リア部分はスクエア形状のデザインとすることで初代モデルのイメージを取り入れた。

 機能面では、新型9速オートマチックトランスミッション(AT)と3.5リッター直噴V6エンジンを搭載。力強いレスポンスを可能にしている。4WDモデルは、7種類のモードから選択可能な「ドライブ&テレインモードセレクター」を備えた新型インテリジェント4WDを搭載した。走行モードは、ノーマル、スポーツ、エコ、スノー、サンド、マッド/ラット、トーイングを用意する。

 ファミリー層のニーズに対応する装備として、パスファインダーとしては初めて2列目にキャプテンシートを採用したグレードを設定。また、工具なしで取り外し可能なセンターコンソールを備えることで、シートアレンジの自由度を高めている。また、先進運転支援技術「プロパイロット」も搭載している。

●ダットサントラックのデザインを取り入れた、新型「フロンティア」

 ピックアップトラックの新型フロンティアも、事業構造改革の中で重要なモデル。米国市場で需要が大きいミッドサイズピックアップトラックのニーズに対応する。

 新型モデルでは、日産の象徴となってきた「ダットサントラック ハードボディ」から着想したデザインを取り入れ、現代的なスタイルと融合させたという。インターロッキングデザインの新型ヘッドライト、堅牢さを表したグリル、力強いフロントエンドが特徴。リア部分は、立体的な形状のテールランプを、リアゲートとボディーサイドをしっかりと固定するように配置することで堅牢さを表している。

 走りでも力強さを感じられる装備を搭載。9割以上の部品を新開発または改良した3.8リッター直噴V6エンジンと、新型の9速ATを採用し、レスポンスを向上させている。

 また、サスペンションは、オンロードでもオフロードでも高い水準の乗り心地とハンドリングを感じられるようにした。新型の油圧キャブマウントによって走行時のキャビンの振動を80%低減。また、ウレタン製のバンプラバーによってダンピングを制御し、より滑らかな乗り心地にしているという。

 先進技術を活用した安全装備でも、オフロード走行に対応。日産の米国モデルとしては初めてオフロードモードを備えた「インテリジェントアラウンドビューモニター」を搭載した。オフロードモードでは、車外の4台のカメラ映像によって、上空から車を見下ろすような映像をディスプレイに映し出し、荒れた路面での走行を支援する。