HIS Mobile(東京都港区)は、データ容量20GBと70分の無料音声通話を含んだ「格安弐拾(かくやすにじゅう)」プランの提供を開始する。

 月額料金は1980円(税別、以下同)。サービス開始日は2月10日。申し込みは同社のWebサイトと、全国のHISモバイル店舗で受け付ける。

 同プランはNTTドコモのネットワークを利用。サービス開始当初は16GBで提供し、NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」が始まる3月26日以降に20GBへ増量する。追加のデータ容量は1GB当たり250円で提供。最大30GBまで高速通信を可能とする。テザリングは無料。

 70分の無料通話を含み、超過分は大手キャリアの半額となる30秒当たり10円で提供する。また、専用アプリやプレフィックス番号を電話番号の頭に追加せずとも利用できるようにした。

 楽天モバイルから同プランへ携帯電話番号ポータビリティ―(MNP)で乗り換えた場合、契約事務手数料の3000円を全額キャッシュバックする。

 NTTドコモの「ahamo」、KDDIの「povo」、Softbankの「Softbank on LINE」など、大手キャリアは通信料金を大幅に値下げした料金プランを今春から提供開始する。各社の発表以降、MVNOも追従し続々と安価な料金プランを発表するなか、HIS Mobileのプランが市場でどのように評価されるか注目が集まる。