日産自動車は2月9日、2021年3月期(20年4月〜21年3月)通期の連結営業損益を2050億円の赤字とする業績予想を発表した。20年11月に公表した3400億円の赤字予想を上方修正。販売台数は前回予想を下回る見通しとなったものの、営業損益は1350億円の上振れを見込む。事業構造改革で掲げる、販売の質向上や固定費削減が進んでいることを示した。

●「改革は順調に進んでいる」、固定費は12%削減

 「(事業構造改革の)『Nissan NEXT』は順調に進んでいる」。同日オンライン開催した20年4〜12月期決算会見で、内田誠社長は強調した。前期に続き、21年3月期も赤字予想だが、20年10〜12月の3カ月間の実績では営業損益が黒字に転じた。収益改善に向けた取り組みの効果も少しずつ表れてきたという。

 20年4〜12月期の連結業績は、売上高が前年同期比29.2%減の5兆3174億円、営業損益は1316億円の赤字(前年同期は543億円の黒字)、純損益は3677億円の赤字(同392億円の黒字)だった。

 グローバル販売台数は24.8%減の278万台。収益力の回復に努める米国事業は、「過度に台数を追わない」(内田社長)方針もあり、台数は減っているものの、収益を見込める新型車「ローグ」が好調。10〜12月の1台当たりの販売価格は前年同期比5%増となり、販売奨励金の売上高比率も低下している。日本では、10〜12月の販売台数が前年同期を上回った。各市場への新型車投入やコスト削減によって、10〜12月期は271億円の営業黒字を確保した。

 4〜12月の事業構造改革の進捗については、販売の質を高める取り組みによって、新車販売の1台当たりの収益が前年同期比1.7%改善。利益率が低いレンタルの比率や在庫の規模を低下させた。販売奨励金は、対売上高比率が0.7ポイント低下している。

 また、固定費は約12%削減。計画では、今期の固定費を19年3月期と比べて3000億円削減することを掲げていたが、現状では「3300億円程度の削減になると見込んでいる」(内田社長)という。

●前回予想より赤字幅を縮小

 通期の業績予想は、売上高が前期比22.1%減の7兆7000億円、営業損益が2050億円の赤字、純損益が5300億円の赤字となる見通し。世界的な半導体不足の影響などを織り込んで、販売台数は401万5000台に下方修正。売上高も前回予想から2400億円の下振れを見込む。

 一方、営業損益と純損益は上方修正した。営業損益は前回予想と比べて、販売台数の下方修正が減益要因になるが、奨励金や広告宣伝費といった販売関連費用や固定費の削減などが増益要因になると見込んで、赤字幅を前回予想よりも縮小できたという。

 また、来期に向けて新型車の効果も見込む。米国ではローグに加えて、SUV「パスファインダー」やピックアップトラック「フロンティア」といった、現地の需要が見込める車種を投入。日本でも、主力モデルの新型「ノート」の受注が好調だ。

 ただ、事業構造改革では22年3月期に営業利益率2%を掲げており、その達成への道のりは厳しい。内田社長は「まだ大きな赤字を抱えているのが現実だ」と認識する一方、「今回の決算を見ると、収益改善は進んでいる。厳しい状況だが、着実に利益を生めると考えている」と語った。