大東建託は2月24日、「愛着のある街&住み続けたい街ランキング2020<首都圏版>」を発表した。首都圏(1都3県)の249自治体、1443駅周辺に住む6万5311人を対象に調査を実施。その結果を集計した。

●愛着のある街(自治体)ランキング

 愛着のある街(自治体)ランキング1位は東京都目黒区で、2位は東京都中央区、3位は神奈川県横浜市西区という結果に。

 大東建託賃貸未来研究所の宗 健(そう たけし)所長は目黒区に関して、「東横線の代官山・中目黒・学芸大学・都立大学・自由が丘、目黒線の武蔵小山・洗足・大岡山といった駅近辺には閑静な住宅街が広がっている。都心へのアクセスが良く、スーパーなども多い生活利便性の高い地域だ」とコメントしている。

 トップ20には、東京都の10自治体、神奈川県の8自治体、千葉県の2自治体がそれぞれランクインしている。

●住み続けたい街(自治体)ランキング

 住み続けたい街(自治体)ランキング1位は神奈川県横浜市西区で、2位は東京都中央区、3位は神奈川県茅ケ崎市となった。

 同研究所の宗所長は横浜市西区に関して、横浜駅があるため品川駅や渋谷駅へのアクセスが良いことや、横浜ランドマークタワーといった施設の存在が魅力だと指摘している。

 トップ20には、東京都の10自治体、神奈川県の6自治体、千葉県の2自治体、埼玉県の2自治体がそれぞれランクインした。

●愛着のある街(駅)ランキング

 愛着のある街(駅)ランキングの1位は奥沢(東急目黒線)、2位は国立(JR中央線)、3位は築地・東銀座・築地市場・新富町(都営大江戸線)だった。

 同研究所の宗所長は、1位の奥沢について、落ちついた住宅街であることや、渋谷駅や新宿駅までの交通利便性の良さが魅力だと指摘する。

●住み続けたい街(駅)ランキング

 住み続けたい街(駅)ランキング1位は麻布十番・赤羽橋(東京メトロ南北線)、2位が国立(JR中央線)、3位が根津(東京メトロ千代田線)となった。

 同研究所の宗所長は、麻布十番は高級住宅街のイメージが強いが、昔ながらの商店街がある点や、新宿駅や渋谷駅までの交通利便性の高さが魅力だとしている。

 大東建託は、これらの結果を踏まえ「愛着のある街ランキング上位の街(自治体・駅)は、住み続けたい街ランキングの評価(自治体・駅)も高いことが分かる」と指摘。さらに、これらのランキング上位を見ると、「生活利便性」「行政サービス」「親しみやすさ」「交通利便性」「イメージ」因子の評価が高い自治体が上位にランクインしており、「物価・家賃」因子はあまり重視されていないようだと分析する。

 今回の調査は20年3月17日〜4月3日に実施した。調査企画・設問設計・分析を大東建託賃貸未来研究所が行い、調査会社のマクロミルが調査票の配布回収を行った。