三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは2月25日、月額15万円から全国12都道府県でホテル暮らしができるサブスクリプションサービス「サブ住む」を発表した。

 同社が展開する3ホテルブランド・全国12都道府県38施設が対象。全国のさまざまなホテルを利用可能な「HOTELどこでもパス」と、特定のホテルに30泊する「HOTELここだけパス」の2プランがある。

●「HOTELどこでもパス」

 月額(30泊)15万円と利用料(スタンダードクラス 500円/泊・室、アッパークラス2000円/泊・室)で、12都道府県35施設の「三井ガーデンホテルズ」「sequence」から毎日選択可能。各種アメニティー、Wi-Fiは無料で、ホテルによっては大浴場、フィットネスジム、ラウンジなども使用可能。宿泊開始日は3月20日〜4月10日で、利用期間は30泊、60泊、90泊。抽選100人限定となり、3月5日午前11時59分まで申込みを受け付ける。

●「HOTELここだけパス」

 月額定額料金で、12都道府県38施設の「ザ セレスティンホテルズ」「三井ガーデンホテルズ」「sequence」が利用可能。金額はホテル・部屋タイプによって異なり、都内の場合は30泊15万円〜39万円。「契約や初期費用が不要でセカンドハウス等として活用できる」(同社)。宿泊対象日は3月1日〜6月30日。5月末まで予約を受け付ける。