新型コロナウイルス感染拡大に伴う2度の緊急事態宣言発令。「巣ごもり」という聴き慣れないワードが一般化するに伴い、在宅ワークの促進や、教育機関のリモート化が進んだ2021年。国内感染の確認から早1年以上が過ぎ、ニューノーマルという言葉すら既に古びてしまった昨今、人々の消費の形は瞬く間に変化した。

 そのうち最も大きく変わったものの一つが映像コンテンツ、特に映画の受容形態だ。20年2月後半、国内のイベント産業が自粛傾向になるにつれ、映画館も自主的な休館、営業時間の短縮を始めた。加えて特に北米で感染が大幅に拡大するにつれ、新作映画の公開スケジュールも大きく後退。ワーナー、FOX、ディズニーなどの抱える巨大IP作品が次々年単位での延期を余儀なくされ、日本でも「ドラえもん」「名探偵コナン」といった年間興行収入の上位常連作品が影響を受けた。21年2月現在は多くの映画館が営業を再開しているものの、先月に「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開延期が発表されたことは記憶に新しい。

●ストリーミングサービスは「新作」の公開場所に

 そんな中、新作映画の公開の場として機能したのがストリーミングサービスだ。これらの映像プラットフォームサービスは、家庭内での娯楽を求めるユーザーにマッチし、瞬く間にユーザー数を伸ばした。Netflixについて言えば、日本国内での有料会員数は300万人(19年9月)から500万人超(20年10月)へとほぼ倍増。五輪のために買い換えたはずの大型テレビで「愛の不時着」や「クイーンズ・ギャンビット」を見た方も少なくないだろう。グローバルでの会員数はついに2億人を突破と、快進撃を続けている。

 そのNetflixの強さは、何より新作にある。全ての作品が見放題でありシステムがシンプルであることや、劇場公開映画が続々と入ってくる点ももちろんだが、それは他のサービスがもともと備えていた利点である。Netflixがなぜここまで注目されたか? といえば、日本でのサービス開始時にその顔となっていた「ハウス・オブ・カード 野望の階段」があったからだ。「ケヴィン・スペイシーを主演に、デヴィッド・フィンチャーが監督するオリジナルドラマ」というものは、配信サービスのオリジナルタイトルとしては5年前当時、やはり衝撃だった。

 このビッグタイトルをもたらしたのは、Netflixの抱える世界中のユーザーたちの視聴データである。BBC製作ドラマ「ハウスオブカード」、デヴィッド・フィンチャー作品、ケヴィン・スペイシーというプラットフォーム内の人気作の視聴データを元に作り出した座組みから、全話を一気に配信する。Netflixは確実に見られるものを作り出せるデータと、ユーザー側に対するわかりやすさを武器にここまでのし上がってきた。映画、ドキュメンタリー、スタンダップコメディ、アニメーション、そのいずれにも投資を惜しまず、続けられる新作の配信。21年はさらに潤沢な製作陣を元に、週1作品以上を届けると豪語する。先日発表された新作ラインアップトレイラーでは、ガル・ガドット、ジェイソン・モモア、レオナルド・ディカプリオなど、超一流のハリウッド・スターが次々登場。その圧倒的な成功を見せつけた。

 新作といえば、負けていないのがウォルト・ディズニーの展開するDisney+だ。Netflixの新作がほぼ全てオリジナルであるのに対し、Disney+はディズニー・及びピクサーという周知の映画コンテンツを大量に抱え、かつ「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」「スターウォーズ」という歴代興行収入のシリーズ1位、2位を記録する世界最強のIPを抱えている。プラットフォーム内の作品数でいえば他社には及ばないものの、単独で実施できるサービスとしてはこれ以上に強力なものもないだろう。ただし日本ではdocomoとの提携サービスとなっており、画質・サウンド面で大いに劣るのは非常に残念だ。

 Disney+の新作としてまずあげられるのは、新作映画の「ムーラン」。劇場公開が中止となった大作を自身のプラットフォームで配信するという、独自の強みを見せることになった。本作においてはプレミアム作品として追加課金を必要としたものの、ディズニー・ピクサー作品「ソウルフル・ワールド」も劇場公開を断念し、見放題配信が開始された。「2分の1の魔法」についても、劇場公開期間わずか2週間後という短期間で見放題配信を開始(こちらは北米のみ)。劇場公開を前提とした、クオリティーの担保されたディズニー関連作を惜しげもなく投入することで、コンテンツの少なさというハンデを見事に払拭(ふっしょく)してみせた。

 日本ユーザーにおいても爆発的な話題となったのが、スターウォーズスピンオフドラマとなる「マンダロリアン」、そしてMCU最新作となる「ワンダヴィジョン」の2作品だろう。どちらも「シークエル・トリロジー」や「MCU:フェーズ3」を終えてからの初の新作ということもあり特に後者はその人気の高さより、ウイークリーで配信される最新話をいち早く見ようとしたユーザーが、世界各国のサーバを落とすほどの人気となる。

 「シネマティックユニバース」という、一つの世界観を共有する作品において旧作が見放題なのは過去作品を見返すきっかけになり、結果としてサービスの継続につながるはずだ。特に「ワンダヴィジョン」は、「エンドゲーム」後の世界観であるのみならず、「マイティ・ソー」「キャプテン・マーベル」「アントマン&ワスプ」の登場人物を再起用。公開延期が続く「ブラックウィドウ」を控え、再びその世界観に浸るための環境として最適だろう。マーベル作品は他の多くのサービスでは都度課金となっており、そのようなプラットフォームでは難しい視聴体験を与えることで、唯一無二の強みを発揮している。

●「無料体験」は終わっていくのか?

 さて、多くのストリーミングサービスでは会員数を増やすため、「初回oo日無料!」と無料体験訴求を行っている。約2週間〜1カ月のサービス期間でその便利さに触れさせ、暮らしの中のインフラとして取り入れてもらうことで、有料会員へとつなげるのが王道パターンだ。

 これに関してはAmazonが圧勝といっていいだろう。映像・音楽の見放題・聴き放題に加え、通販のお急ぎ便はいつでも送料無料。この破格さで生活に入りこみ、1カ月の無料期間が終わっても、日本のプライム会員は他国と比べて驚くほどリーズナブルな月額500円。圧倒的な資本力をもつAmazonだからこそ実現可能なサービスだ。

 そんななか、U-NEXTは日本マクドナルドと提携し、20年7月から9月末と実に約3カ月の無料体験期間を付与するキャンペーンを実施した。「おうち時間充実」と題したこのキャンペーンではさらに、アプリ内で新作映像作品のみならず電子書籍も購入できるポイントを与えるなど、エンターテインメントの総合アプリとしての地盤を固めようとする姿勢が伺える。

 過去3年間で2.5倍になった会員数は209万人(20年8月)と、開始から14年目の老舗サービスとしては少々寂しいものがあるが、常時のオンデマンド・コンテンツのポイント40%還元(電子書籍含む)や雑誌の読み放題に加え、1950年代のアニメ映画、アイドルのライブ映像、唯一のアダルト作品配信を備えるなど独自色の強い特典を備えているのも事実。使い道によっては、他プラットフォームより活用できる人も多いだろう。

 対してNetflixは、世界的に「無料体験期間を打ち切る」という方針にかじを切った。同社は今までも「あまり利用していないユーザーに対して退会を勧告する」など、これまでのビジネスモデルとしては考えつかないような手法をとってきた。これは無料でユーザーを獲得するというモデルからの「一抜け」宣言であり、先駆者としての自信の現れなのか。または他サービスについても、このような手法が主流となっていくのだろうか。

●HBO Max、Paramount Plus 「戦争」はまだ終わらないものの……

 現状既に飽和状態といってもいいこれらのサービスだが、これだけではまだ終わらない。間もなく1億人に到達するDisney+の成功を見た各社が続々参入を発表。まず「バットマン」「ゲーム・オブ・スローンズ」を携えるHBO Max、「ゴッドファーザー」の舞台裏ドラマ「ジ・オファー」を発表したパラマウント・ピクチャーズによるParamount Plus、「DPlay」に代わるディスカバリーチャンネルによる新サービスDiscovery+などである。これらの巨大資本が世界展開するサービスに対し、国内勢力はどう立ち向かうべきか……、と言いたいところだが、一つ指摘しておきたいことがある。ここまで触れてこなかった、docomoが展開しているサービスであるdtvだ。

 その会員数は、5年前の2016年に500万人を突破している。これは冒頭にあげた、Netflixの現在での会員数とほぼ同数である。こちらはほぼワンコインという価格の安さが魅力であり、国内新作ドラマ・アニメや、人気作品のスピンオフと言ったオリジナル作品も豊富に備えている。それほどディープに海外新作映画を追いかけているわけではなく、「テレビの代わり」としてのコンテンツ消費を助け、それを拡大するものとして間違いなく成功している部類に入るだろう。そしてこのような手法は、これから続々と入ってくる「黒船」たちには非常に実現が難しいところになる。彼らが求めているのはライトな楽しみであり、どのようなビッグバジェット映画や、名の知れた大監督を連れてきてもこの層の心をつかむことはできない。

 それを象徴するのがHulu(HJホールディングス)の伸長だ。日本では日本テレビ傘下となっており、近年ではNijiUのデビューを追った独自番組「Nizi Project」の成功が話題になったが、そのランキングはビッチリと国内ドラマ・アニメにバラエティで埋め尽くされている。「すばらしい新世界」や「ハンドメイズ・テイル」など、日本初上陸の海外ドラマの配信にも力を入れているだけにこのランキングは個人的にかなり残念ではあるものの、20年に初の黒字化を果たすなど、コロナ禍のなか大きく成長を果たしたプラットフォームである。

 そのような中でこれからのプラットフォーム戦争は、どのような形になるだろうか。個人的には映画館がプラットフォームに変わっただけで、あまり変わらないのではないか、と思う。

 大半の利用者はそもそも登録しない、もしくは一つのサービスを母艦として、そこから動かない。新作映画をとことん楽しみたい人も、注目の新作が発表されたら1カ月だけ契約。しばらく使用して、特に更新する気がなければ停止。また他のサービスで配信された新作のために1カ月だけ……と、まるでオンデマンドサービスのようにサブスクリプションを利用するかもしれない。仮にそうなった場合はそのような中でまたサービスが淘汰され、また良いように変わっていくだろう。

 ユーザーにとってもこれ以上のサービス乱立はそろそろ酷だろう。そして新型コロナに対するワクチン実用化に伴う「ニューノーマルの終わり」も近い。21年はエンターテインメントの在り方にとって、また一つの過渡期になるだろう。

●著者プロフィール

将来の終わり

東京都出身。青春をアニメとSF小説に捧げたのち、社会人になってから映画にどっぷりハマる。家にほぼ何もないミニマリストだったが、在宅勤務に伴い人生初の4Kテレビを購入。映画を見るために買ったはずなのに、だいたいVtuberの配信が流れている。主な寄稿先に「ねとらぼ」「SFマガジン」、共著に『「百合映画」完全ガイド』(星海社新書)。