第78回ゴールデングローブ賞が発表された。その中でもアジア勢として、外国語映画賞に『ミナリ』が入賞を果たしたことがニュースになっている。

 ただこの映画、セリフの半分が韓国語だったことから外国語映画枠に入れられたのだが、もともと米国の映画ということもあってその扱いに批判が出たという。最近は性別や人種の問題はエンタメの世界でも非常に敏感な要素となっており、慎重に扱われている。いずれにしても、また韓国系の映画が躍進したことは間違いない。

 最近、韓国のコンテンツは欧米市場でも存在感を見せている。韓国のボーイズバンドであるBTSの人気は今さら言うまでもないが、それ以外でも、アカデミー賞を受賞した映画『パラサイト』が話題になったのは記憶に新しい。

 韓国勢に押され気味の日本のコンテンツだが、今年になって、日本発として負けじとじわじわと知名度を上げているコンテンツがある。「鬼滅の刃」(英語名は「デーモン・スレイヤー」)だ。

 鬼滅の刃は国内で空前の人気を誇っているが、その人気は今、国境を越えている。2月23日、デーモン・スレイヤーが日本のみならず世界でも日本アニメの歴代記録を更新したと、有名アニメ専門サイトが報じた。日本人には分かりにくいかもしれないが、なぜ外国人にこのアニメが受けているのだろうか。そもそも日本のアニメのどこに興味をもっているのだろうか。

●アカデミー賞を受賞するのか

 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、第93回アカデミー賞長編アニメ映画部門にエントリーされた。27作品がエントリーされた中の1作品である。ただノミネートされるために、米国内の指定された地域の劇場で1週間の商業上映が必須条件となっていることから、フロリダ州で1週間だけ上演が行われている。

 またアカデミー賞を獲得するのには、5作品の最終ノミネート(候補)作品に残らなければならない。現時点で最注目の日本アニメ映画だけにアカデミー賞の行方も気になるところだ。

 実はこのアニメは、日本や海外ですでに賞を手にしている。2019年には日本の月刊誌『ニュータイプ』が主催するニュータイプ・アニメ・アワードで、作品賞を受賞したとエイジメディアが報じている。また20年には世界のアニメファンの投票で決まる米クランチロール・アニメアワード2020の最優秀作品賞にもなっている。

 そして今回のアカデミー賞のエントリー。かつてアカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞している『千と千尋の神隠し』を超える記録を出している映画だけに、アカデミー賞の受賞を期待する声が出るのも分からなくない。ちなみに最終ノミネートの5作品が発表されるのは3月15日。4月25日にはアカデミー賞の受賞作が発表されるが、徐々に注目度が高まってきているのは間違いない。

 米国の有名エンタメ雑誌バラエティは、どの作品が最終ノミネートに残るのか予想を掲載し、『ソウルフルワールド』『ウルフウォーカー』『オンワード』『フェイフェイと月の冒険』『ザ・クルーズ: ア・ニュー・エイジ』を挙げている。デーモン・スレイヤーは6番手であるとしている。

 こうした話題以外でも、デーモン・スレイヤーは海外で注目されている。例えば19年にNetflixで配信が始まってから、もっともリクエスト数の多いアニメの一つになったと海外でも報じられた。

 同映画は、すでに韓国や台湾で上映が始まっている。韓国ではかなり好調のようで、公開すぐに興行収入で1位を獲得している。オーストラリアやニュージーランドでの上映も始まった。これらの国では新型コロナの感染者数が比較的少ないので、映画館で多くの人が作品を見ると見込まれている。

●海外でウケている理由

 外国人から見てデーモン・スレイヤーの何が刺さるのか。米Webメディアのスリリストは、「ストーリーとテーマ、キャラクターのデザイン、アニメーション。デーモン・スレイヤーのほぼすべてがこれまで成功してきた素晴らしいアニメシリーズと同じように機能している」と分析する。さらに「かっこいい戦いのシーンだけでは映画を大成功させることはできない。ストーリーこそがこの作品を有名にし、愛されるものにしている」とも書く。

 ところで、そもそもなぜ日本のアニメが、世界に受け入れられるのだろうか。これまでも、もちろんいろいろと議論されてきた疑問ではあるが、今もインターネット上にはいろいろと分析している人たちがいる。例えば、こんな見解もある。

 「アニメはオリジナルだ。かなり魅力的な日本の近代的なアートの形で、ビジュアルに強烈な魅力がある。コンピュータやビデオゲームの世界で育ってきた多くの若者は特に、アニメの独特の美しさを受け入れやすい」

 その日本アニメ独特のタッチが、ゲームで育った人たちを引きつけるのだという。

 アニメファンのブログなどをいろいろと読んでみると、アニメが米国など他のアニメーションと違う理由の一つに、ゲーム業界とのつながりがあると分析している。アニメのキャラクターがゲームになっているようなケースもあり、ゲームからアニメに入っていく人たちも少なくないという。

 また日本アニメのキャラクターの「目」に引きつけるものがあると主張する人もいる。確かに、日本アニメは、キラキラとした目の描写に力が入っている。米国のアニメは、どちらかと言うとシンプルなものが多い。

 学術的にアニメを研究している人もいる。マサチューセッツ州にある有名大学のタフツ大学のスーザン・J・ネーピア教授が自著『Anime from Akira to Princess Mononoke: Experiencing Contemporary Japanese Animatio(アキラからもののけ姫まで 近代日本アニメとの出会い)』という本の中で、日本アニメをこう分析している。いわく、アニメのメッセージの伝え方は、「深い文化的な伝統の上に積み上げられた知能の発達を促し、芸術形式を刺激する」という。

 またネーピアは、「アニメは、商業的・文化的な勢力としてグローバルなものである」とも書き、欧米社会で育った人たちが日本のアニメに引かれる理由を「支配的な米国のポップカルチャーとの断固たる違いがある」からだと分析している。

●注目を浴びる可能性

 確かに米国で、日本のアニメの存在はかなり知られるようになった。だがそのいかにも日本的なアニメは、「断固たる違い」のために、まだ市民権を獲得しているとは言い難い。ハリウッドで制作されるアニメーションとは、やはりかなり趣が違う。

 とはいえ、今世界で人気になりつつあるデーモン・スレイヤーは、米国でもかなり有名な『千と千尋の神隠し』の興行記録を破って1位になったという事実だけでも、注目される可能性がある。

 例えば、メキシコ出身で映画『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞映画監督のギレルモ・デル・トロは、日本のアニメ好きで知られる。彼は特に『千と千尋の神隠し』を気に入っていて、自分の映画『パンズ・ラビリンス』でも『千と千尋の神隠し』のような悲劇の描写を参考にしたと述べている。

 デーモン・スレイヤーがその『千と千尋の神隠し』の人気を超えているとなれば、彼らが注目しないはずはない。しかも『千と千尋の神隠し』は17年にニューヨーク・タイムズ紙が21世紀映画のベスト25のうち、2位に選んでいる。

 デル・トロ以外にも、アニメ好きの監督は少なくないので、自ずと多くのヒットメーカーらの目にとまることになるだろう。そこで評価され、彼らがどこかでその話でもすれば、さらに注目度が高まる。そうすればアカデミー賞のみならず、もっと広く大衆にもその存在が知られるようになるかもしれない。

 デーモン・スレイヤーはビジュアルや内容からも、典型的な日本のアニメだといえる。そんなアニメがアカデミー賞をとるようなことがあれば、日本アニメはエンタメの本場である米国でもさらに飛躍することだろう。

(山田敏弘)