帝国ホテルが、「ホテル御三家」の1つである「帝国ホテル 東京」(東京都千代田区)を建て替える方針を固めたとの報道があった。その理由として本館の老朽化と、都内で続々と開業する外資系高級ホテルへの対抗があるという。

 日本のホテル界では長年に渡り「帝国ホテル 東京」(日比谷)、「ホテルオークラ(現The Okura Tokyo)」(虎ノ門)、「ホテルニューオータニ」(紀尾井町)の3ホテルを「御三家」と呼び、高級ホテルの代名詞とされてきた。ホテル界をリードしてきた存在といっても過言ではないが、高級サービスを提供するデラックスホテルでいえば1990年代に入り外資系が多く進出。

 「フォーシーズンズホテル椿山荘東京(現ホテル椿山荘東京)」(目白/1992年開業)、「パーク ハイアット 東京」(西新宿/94年)、「ウェスティンホテル東京」(恵比寿/94年)は、御三家に対して「新御三家」と呼ばれた。さらに外資系ブランドの進出は続き「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」(丸の内/2002年)、「グランド ハイアット 東京」(六本木/03年)が話題に。05年にはヒルトンの上級ブランドである「コンラッド東京」(汐留)とさらに開業が続いた。

 御三家・新御三家と前記したが、さらには「新々御三家」も出そろう。新々御三家とは「マンダリン オリエンタル 東京」(日本橋/05年)、「ザ・リッツ・カールトン東京」(六本木/07年)、「ザ・ペニンシュラ東京」(銀座/07年)の3ホテルを指す。

 こうした動きは既存ホテルへの脅威として捉えられ「ホテル2007年問題」とも指摘された。知名度の高い外資系ブランドが出そろった感もあったが、その後は外資系ブランドでも、特色あるコンセプトタイプのホテルが参入する傾向が続いた。

 虎ノ門ヒルズに開業した「アンダーズ 東京」(14年開業)は、ハイアットホテルアンドリゾーツの日本初進出のライフスタイルホテルブランドだ。初進出といえば、同じく14年に大手町に開業した「アマン東京」は、スモールラグジュアリーなリゾートホテルとして知られるアマンの日本初進出となった。

 これらホテルの進出は、2007年問題に対して「ホテル2014年問題」といわれ再びメディアを賑わせた。さらにコロナ禍においても個性的なホテルブランドの進出が続いた。「メズム東京 オートグラフ コレクション」(竹芝/20年4月開業)、ACホテル・バイ・マリオット(銀座/20年7月)、東京エディション虎ノ門(虎ノ門/20年9月)、キンプトン 新宿東京(新宿/20年10月)、アロフト東京銀座(銀座/20年10月)などだ。これらのホテルは、大胆かつ活気あふれるデザインも特徴的だ。

●再開発エリアと外資系ホテルの関係性

 列挙した多くの外資系ホテルに共通した事柄として“再開発エリアとセット”という指摘ができる。近年、都心ではエリアの再開発が続いてきたが、それらエリアの複合施設、”ランドマーク”として外資系ホテルが開業することは多い。

 ホテルの所有や経営、運営などといった形態についてはここで触れないが、例えば「虎ノ門ヒルズとアンダーズ 東京」「東京ミッドタウン×ザ・リッツ・カールトン東京」「汐留シオサイト×コンラッド東京」「コレド日本橋×マンダリン オリエンタル 東京」といった様に、再開発エリアに構える高層ビルにホテルを入居させることはもはや「セット」ともいえ、外資系ホテルチェーンの進出と都内各所の再開発エリアは切っても切り離せないものとなってきた。

 その狙いは、外資系ホテルブランドの洗練されたイメージが、エリアのブランド力向上になること。また、そもそもホテルには人々を回遊させる効果も期待でき、来訪者の増加にもつながるといった点もあるだろう(専門的な部分ではビルの容積率緩和などの問題もある)。

 外資系ホテルの増加と国際観光都市東京の発展は表裏一体ともいえるが、都心の地図を広げて注目ホテルの場所をマークしてみると、さながら“東京ホテルシーンの群雄割拠時代”とも表せるだろう。

●外資VS.内資(日系) のし烈な顧客獲得合戦

 外資系ホテルチェーンの強みの1つとして、その強固な会員プログラムもあり、海外からの送客(外国人客)が取り込みやすいことが指摘できる。

 訪日外国人旅行者の需要が近年激増してきたことを前述したが、そうしたシーンにおいても外資系ホテルはその威力を発揮。内資ホテルは辛酸を嘗めさせられてきたことは多くの日系ホテル関係者の語る真実の1つだ。

 外資に訪日外国人旅行者を奪取された日系ホテルも手をこまねいているだけではない。外資ブランドに負けないような設備やサービスのブラッシュアップを重ねる日系ホテルの存在も際立ってきた。

 さらには外資系と手を組む例もある。日系のシティーホテルの代表格ともいえるプリンスホテルでは、最上級ブランド「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の開業に際して、外資系ホテルチェーン「スターウッド」(現マリオット・インターナショナル)の最上級カテゴリーである「ラグジュアリーコレクション」に加盟した。

 東京オリンピックの決定も相まって、期せずして訪日外国人旅行者の激増というシーンに遭遇したホテル業界であるが、こうした例のように、続々と誕生する東京の高級ホテルシーンにおいては、日系と外資系のし烈な顧客獲得争いがうかがえた。

●小手先のリニューアルでは外資に敵わない

 伝統と格式の御三家と、拡大してきた「外資VS.内資」といった勢力の構図をみてきたが、1つ確かなこととしていえるのは“新しいホテルは快適”ということだ。

 伝統や格式と快適性は異なる次元のワードであるが、身を置きステイする施設としてのホテル故、ゲストにとって新しいハードは大きな魅力である。それもデラックスなホテルとなれば尚更だろう。

 ところで、滞在の快適さを左右する1つの指標は客室面積といえる。高級ホテルになればスイートルームのような広大な客室を有するものであるが、ここで指摘したいのは一般的に利用されるような標準的客室の面積である。

 御三家のスタンダードルームの客室面積例をみてみよう。

・帝国ホテル(スタンダードツイン/ダブル)28〜31平方メートル

・ホテルニューオータニ(スタンダードツイン/ダブル)27.3平方メートル

 一方建て替えたThe Okura Tokyo(旧ホテルオークラ)は、48平方メートルと建て替え前と比較して大いに広くなっている。

 他方、外資系ホテルの客室面積も確認してみる。

・パーク ハイアット 東京(新御三家)45平方メートル

・ザ・リッツ・カールトン東京(新々御三家)52平方メートル

 リッツカールトンにおいては、御三家のダブルスコア近い広さを確保している。これも新たなコンセプトに沿って建造された新築のハードだからこそ実現できる芸当だ。

 とはいえ客室面積という点だけに着目すれば、壁をぶち抜くといったリニューアルで広げることは不可能ではない(現にそうした例もある)。一方、天井高となればハードルは高そうだ。いずれにしても小手先のリニューアルで外資と張り合うのはなかなか難しいことがうかがえる。

 客室面積を1つの例として取り上げたが、このように近年の外資系ラグジュアリーホテルの進出は「ラグジュアリー」という定義そのものを変容させてきた。新生オークラの例のように、帝国ホテルが新たなハードとして誕生するならば客室面積も相応なものになるはずだろう。無論、客室面積がホテルそのものの格と直結するものではないが、大きな指標ということは確かだ。

 近年の東京ホテルシーンについて、外資VS.日系という構図を指摘してきたが、あくまでも総体的にみた傾向ということであり、ホテルやチェーン個々別々では多様なケースがあることは言わずもがな。いずれにせよシティーホテルやビジネスホテルに限らず「いくらリニューアル・リファインを施しても“ガラガラポン”には敵わない」。とあるホテル経営者の言葉であるが、伝統と格式、文化的価値と、ハードの親和性をどこまで追求できるのかは注目されるだろう。新たなホテル開発は日本人特有の美学と国際観光都市への発展の落としどころを探る試金石でもある。ホテルは都市の文化的成熟度の指標でもあるのだ。

●コロナ禍と内資ホテル

 本稿ではコロナ禍とホテルについては言及してこなかったが、何よりコロナ禍の大打撃の中で目的型需要創出のアイデアといった新たな取り組みについては内資ホテルが際だった印象だ。また、コロナ禍の集客トライにおいても内資ホテルのポテンシャルの高さも目立った傾向も指摘できる。

 無論、感染症対策という点はワールドワイドに重要なテーマということもあり、外資ホテルのスピード感ある取り組みには注目すべきものも多かった。ただ、各国で異なるセンシティブな感染症対策というシーンにおいて、日本とそこに住む日本人に長くフィーチャーしてきたホテルの奮闘が目立ったのはある種当然といえば当然か。

 既に述べたとおり、近年のインバウンド活況下において外資系ホテルの強さを見てきた業界であったが、国内の情勢に俊敏に呼応する内資ホテルの綿密さも大きく注目されることになった。

 インバウンド消失という想定外の事態に見舞われたホテル業界であるが、回復までには数年を要するという声もある。故に国内に着目したデマンドジェネレーションを徹底できるのかは大きなテーマだ。海外からのゲストがこれでもかと押し寄せていたホテルも、外資内資問わずその実力があらわになる時を迎えている。「対前年比アップは当たり前」「業績を自慢するのはやぼ」とささやかれ、とにもかくにも訪日外国人旅行者の取り込みに注力してきた業界であったが、インバウンドに期待できなくなったいま“自らのホテルが生き残れるのか”といった目の前のリアルとホテルは今日も向き合う。 

瀧澤信秋 (たきざわ のぶあき/ホテル評論家 旅行作家)