フードデリバリーサービスを運営する出前館が3月26日に発表した2021年8月期第2四半期(20年9月〜21年2月)連結決算は、売上高が前年同期比2.7倍の104億円、営業損益が83億円の赤字(前年同期は9億8000万円の赤字)、純損益は96億円の赤字(同9億円の赤字)だった。

 新型コロナウイルスの影響が長期化する中、中食の需要増を背景に、加盟店や新規ユーザーが増加。売り上げが大きく伸長した一方、事業投資が先行し、赤字が拡大した。

 同日、設備投資について、減損10億8300万円の計上も発表した。中期経営計画(21年8月期〜23年8月期)で「投資規模とその実施頻度を上げていく方針に変更はない」としつつ、「回収の可能性を吟味した結果、今後の事業環境などを踏まえ、減損を計上した」としている。

 21年8月期(20年9月〜21年8月)通期の連結業績予想は、従来予想と変わらず、売上高が前期比2.7倍の280億円、営業損益が130億円の赤字、純損益が130億円の赤字を見込む。