靴メーカーのリーガルコーポレーション(千葉県浦安市)は、2月15日に公表していた希望退職者の募集に95人が応募したことを明らかにした。

 対象者は、4月30日時点で満50歳以上の社員と再雇用社員。募集期間は3月8〜19日で、募集人員は100人程度としていたが、ほぼ想定通りの応募者数になったという。退職日は4月30日、規定の退職金に特別退職金を加算する。希望者に対しては、再就職支援を行うとしている。

 また、100%出資子会社「米沢製靴」(山形県米沢市)の解散に伴い、全従業員47人の退職についても明らかにした。これらに伴う費用として、同社は約7億4000万円の特別損失を計上する予定だ。

 2021年3月期連結決算の業績予想については「下方修正の予定であるが、特別損失の影響に加え、棚卸資産の評価損および年間の最需要期である3月度の売上高などの未確定要素があるため現在精査中であり、算定が可能となった時点で速やかに公表する」(リーガルコーポレーション)という。