中京テレビの公式バーチャルYouTuberの大蔦エル氏がアンバサダーを務める「ナゴヤVTuber展」が、1438万円を超える大型調達を成立させる見込みである。正式な調達額が決定するのは9日後だが、本来の目標額が750万円であるため、クラウドファンディング自体はすでに成功していることになる。

 このイベントでは、大蔦エル氏のほか、28名のVTuberがアンバサダーとしてクラウドファンディングへの支援を呼びかけていた。

 VTuberといえば、「にじさんじ」や「ホロライブ」といった大手プロダクションの隆盛が著しい一方で、人口が1万5000人以上にも膨れ上がったVTuber界の競争激化によって、各々の人気度には大きな格差が生まれ始めているという厳しい現実もある。そんな中、大蔦エル氏は、「個人で頑張っているVTuberも、企業の後ろ盾があるVTuberも一緒に盛り上げていきたい」と息巻く。

 今回は、「ナゴヤVTuber展」を主催する中京テレビのアナウンス部に所属し、名古屋観光文化交流特命大使のVTuber、大蔦エル氏に話を伺った。

●「ファンを巻き込むことが得意だった」

 まず、今回のクラウドファンディングに予想以上の支援が集まった要因として、大蔦エル氏は「熱量の高いファンを巻き込めたこと」が秘訣と分析する。

大蔦エル氏 私をはじめ29人のアンバサダーには、それぞれのファンがいます。そのファンがさらにフォロワーへ拡散してくれることで、イベントが多くの方の目に触れることになったのだと思います。

 支援は1000円から可能なこともあり、クラウドファンディングには延べ650人以上もの支援が集まっている。支援したファンは「顧客」というよりも、むしろ「当事者」に近く、イベント成功のために口コミで拡散するといった方向でも支援する動きがみられた。

 中には予想以上の支援を集めたプランもあるようだ。

大蔦エル氏 一定の金額を支援していただくと、パルコの館内に推しのVTuber等身大パネルを展示できるプランがあり、想定以上のご支援をいただいています。推しのVTuberをリアルの場で展示させてあげるという熱量の高い支援も多くいただきました。

 近年では、米国などを中心に、「応援広告」ないし「推し広告」という広告手法の人気が高まっている。通常はアイドルが広告主となってCMやプロモーションするところ、ファンがアイドルの広告主となって屋外広告に出稿するもので、国内では渋谷駅などを中心に活用事例が出始めている。

 「ファンによる推しのパネル展示」という支援も、そういった意味では応援広告に近いのかもしれない。

●相次ぐ放送局のVTuber参入

 近年では今回インタビューする大蔦エル氏やキミノミヤ氏を擁する中京テレビや、ニッポン放送、広島テレビといった放送局によるバーチャルYouTuberの参入が相次いでいる。

 日本の伝統的な産業分野でもある放送局にとって、VTuber運営に必要とされるスキルや設備において重なる部分が実は多いことが背景にあるだろう。各社が自社の放送網を越えたネットでの存在感を高めようと切磋琢磨(せっさたくま)する中、エル氏は放送局がVTuberに参入することの可能性について、次のように将来像を描く。

大蔦エル氏 テレビ離れというワードがよく用いられるようになりましたが、まだまだテレビも多くの方にご視聴いただけています。放送局だからこそリアル・ネット・テレビなどの架け橋となって、インターネットを主に利用する人たちがテレビをつけるきっかけになるとうれしいです。

 このようなエル氏の考え方は、マーケティングでいえばメディアミックス戦略に通ずる。メディアミックスとは、テレビ・ラジオ・出版・ネットなど、さまざまな媒体を組み合わせるマーケティング戦略を指す。各種媒体の弱点を補いつつ、それぞれの強みを発揮することで効果を引き上げる戦略だ。

 そして、テレビ局がネットという媒体に打って出るにあたっては、その文化に馴染んだ活動の方法が求められるだろう。この点について、確かに大蔦エル氏は中京テレビアナウンス部所属の歴としたアナウンサーである。しかし、エル氏は「アナウンサー」というイメージというよりもどちらかといえば「友人」のような親しみやすさがウリだ。型破りな企画にも挑戦するVTuber文化に精通した活動内容も相まって、ネットという媒体にもうまく溶け込めている。

 逆説的であるが、「アナウンサーらしくないアナウンサー」であることがエル氏の人気度の高さを裏付けているのかもしれない。

●VTuberが選挙関連イベントも手がける時代に

 そうはいっても、アナウンサーとして真面目なイベントもこなすギャップもある。エル氏は、今月9日に名古屋市長選の公開討論会イベントで司会に抜てきされたのだ。

大蔦エル氏 最初はVTuberが選挙関連のイベントに出ることについて懸念もありましたが、それとは裏腹に、これまで選挙関連のイベントを見ることがなかった若年層の方が多く視聴に来ていただき、主催の名古屋青年会議所の方も喜んでくださっていました。画面越しの参加でしたが、オンライン会議が普及したことも、視聴者の方にとって違和感なくご覧いただけた要因だと思います。

 VTuberのファン層は、18歳から34歳までの若年層が最も厚く、これは選挙の投票率と反比例する。若年層の獲得が課題となっている分野に関して、新たな興味のフックとなり得るのが「VTuber」という存在なのかもしれない。

大蔦エル氏 私は生まれも育ちも名古屋なので、サブカルの町としても盛り上げていきたいと思います。 イベントを通してVTuber全体が盛り上がり、1人でも多くの方にVTuberの魅力を伝えていけたらと思います。ぜひ「ナゴヤVTuber展inパルコ」にお越しください!

 今年で活動3年目を迎えるうら若きそのVTuberは、取材の最後までまばゆいばかりの熱と夢を煌(きら)めかせていた。

(古田拓也 オコスモ代表/1級FP技能士)