就職支援サービスなどを手掛けるリーディングマーク(東京都港区)は4月28日、旧帝大や早慶といった最上位校における「2022年卒就職人気企業ランキング」を発表した。

 1位が三菱商事、2位が三井物産、3位が伊藤忠商事、4位が住友商事、5位がサントリーホールディングス(HD)という結果になった。

 直近3年間では1〜5位を5大総合商社が独占していたが、今回のランキングではサントリーHDが5位に躍進するとともに、前回20位だった三井住友銀行が6位になった。その理由についてリーディングマークは、「就職活動の長期化も相まり、学生の企業選択の取捨選択が進み、人気が分散化したことが大きな要因」と分析する。また、コロナ禍の影響でリアルな合同説明会が減少する一方、オンライン上でのコンテンツが増加したことで、学生が幅広い情報を取得しやすくなった。そのため、「知名度だけではなく、学生に魅力を伝えられる、真に実力がある企業に集まりやすい状況」(リーディングマーク)になったようだ。

 その他の特徴としては、IT/通信企業が1年前から順位を上げている。具体的には、楽天(17位→14位)、NTTデータ(30位→19位)、NTTドコモ(68位→44位)が挙げられる。また、1年前はランキングに入ってなかったKDDIやNTTコミュニケーションズなどもTOP100にランクインした。

 通常、学生の認知度が高くないtoBメーカーにも動きがあった。旭化成(22位→9位)や凸版印刷(36位→16位)が躍進した。リーディングマークは「オンラインコンテンツを通して、認知が拡大しており、学生に魅力を伝えられている企業のランキングが上がった」としている。

●大学別のランキングは?

 2022年卒大学別の就職人気ランキングはどうなっているのか。

 東京大学と京都大学では、共通して1位が三菱商事、2位が三井物産、3位が伊藤忠商事だった。

 早稲田大学と慶應義塾大学のランキングでも総合商社は上位にランクインしている。一方、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズや電通が上位に入っているのが特徴的だった。

 今回の調査は2月22日〜3月16日にインターネット上で実施した。調査対象は、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京工業大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、九州大学の学生で、2146人から回答を得た。

 なお、リーディングマークは、近年人気が上昇しているコンサルティングファームや外資系企業について「本選考を終えている企業も多いため、本調査ではランキングを落としているが、年間を通じては根強い人気を誇っている」としている。