「いつか必ず売り上げも利益も1兆、2兆と、豆腐屋のように数えられるようにしてみせる」

 創業直後のソフトバンクで、2人しかいなかった社員に向かって、朝礼でそう宣言したという孫正義社長のエピソードはよく知られている。20年度に4.99兆円という国内最大の純利益を出したソフトバンクグループ(G)は、いまや創業時に目指した企業の姿に近づいたのかもしれない。

 この利益額は、日本企業として歴代最高だ。さらに世界に目を向けてもグーグル持ち株会社のアルファベットの2020年12月期の利益を上回るなど、GAFAに匹敵する規模となっている。

 しかし、米通信スプリント売却の一時益や、世界的な株高、そして韓クーパンや米ドアダッシュなど投資先企業の大型上場など、偶然一時的な利益が重なっただけという見方もある。孫氏も「投資家の多くは、たまたまのたまたまが重なって、一時的な利益が積み重なったという見方だろう」という認識だ。

 自らが「事実上の投資会社」と表現するように、実際、激変する株式市場の動向によって、ソフトバンクGの損益はジェットコースターのように変動している。連結の投資損益は7兆5200億円だったが、前期は1兆4100億円の赤字だ。

 「これから先も、株式相場の上がり下がりで、上がったり下がったりする。ソフトバンクGにとっては1兆、2兆の赤字黒字はニューノーマル、あまり驚かない方がいい」。そんなふうに話す孫氏だが、目指す姿は継続的に大きな利益を生み出す仕組み作りだ。

●復活したソフトバンク・ビジョンファンド

 その軸になるのは、ソフトバンク・ビジョンファンド(SVF)だ。ソフトバンクGが保有する株式価値の合計は26.1兆円まで増加しているが、一時その6割を占めたアリババ株の比率は43%まで低下。代わりにSVFの比率が大きく増加し25%に達した。

 20年度の成績は絶好調だ。1兆8400億円もの損失を出した19年度から一転、20年度は6兆3575億円もの投資損益を上げた。ファンド組成からの年平均内部リターン(IRR)は実に22%にも上る。

 サウジアラビア王族などから多額の資金を調達し鳴り物入りでスタートしたSVF1号とは違い、持ち株の大幅な下落を受けた影響で、SVF2号は外部からの資金が集まらない状態でのスタートとなった。10兆円を集めたSVF1号に対し、自己資金のみのSVF2号は3兆円規模。しかし20年度の積極的な投資が功を奏し、年平均内部リターンは119%に達している。

 SVF1号、2号を合わせて、ソフトバンクGの出資分と成功報酬を合わせた同社取り分の年平均内部リターンは43%となった。ソフトバンクは創業以来、米ヤフーやアリババなどの投資を成功させてきたが、過去の投資についての投資利回りを計算すると年率43%だったという。「偶然だが、43%の男と、ちょっとくらい胸を張りたい」(孫氏)

 SVF2号では外部からの出資は集まらなかったものの、現時点では積極的に資金を調達する方針はない。資産売却プログラムに沿って現金化を進めた結果、10兆円近い手元資金を持っているからだ。「手元資金だけで投資に困らない。今の時点では、手持ち資金だけで粛々と続ける。SVF1号のエグジットも出てくるので、自分たちの資金で回転していけるような状況に今は変わってきた」(孫氏)

●金の卵の製造業になる

 上がるか下がるか分からない株式相場に依存せずに、継続的に「兆」で数えられる利益を生み出すこと。それが孫氏が次に目指すものだ。「金の卵の製造業になる」とそのイメージを話す。

 SVFは、上場を控えたレイターステージのベンチャー企業に大規模な投資を行い、上場によって利益を得ていくというビジネスモデルだ。そのためには、秀逸な企業の目利きとともに、継続的に投資先企業を上場に導く必要がある。

 「創業者が生み出して、我々が途中から資金などで応援していく。株式公開のラッシュをグループで作っていく」(孫氏)

 そのために、SVFでは投資先企業の数を増加させている。すでに10兆円の投資を完了させたSVF1号の投資先企業数は92社。一方で、単独で始めたSVF2号の投資先は95社に達している。さらに、ラテンアメリカのベンチャー企業へ投資する「LatAm」でも37社への投資を行っている。いずれも、創業間もない企業ではなく、数年後の上場が予想されるいわゆるユニコーン企業だ。

 「1カ月で20社、営業日ごとに1社、投資先が増えている計算だ」(孫氏)

 投資先企業の中から、20年度は年間で14社が上場した。21年度は、それを大きく上回る数の上場があると孫氏は見ている。これを孫氏は「上場のパイプライン」と表現した。投資した企業が事業を急拡大し、順次上場していくイメージだ。

 SVFが合計で投資する企業数は、既に224社に達している。「このあとは確率論の世界に入っていく。エコシステムができていく」と孫氏は話す。100社に1社しか成功しないといわれるようなベンチャー投資の世界で、ほぼ上場が見えているユニコーン企業に絞って投資し、1社あたりのリターンはそこまで大きくなくても、着実に上場益を取っていく。これが孫氏の言う「金の卵の製造業」ということなのだろう。

 20年度は大きな利益を出したものの、「反省すべき点もたくさんあった」という話す孫氏。その1つが「仕組みの欠如」だという。その仕組みとは、このように着々と投資先が上場を繰り返す姿だ。「単なるバクチではなく、仕組みでそれを進化するように持っていく。製造業のように毎年上場企業を生み出していく」(孫氏)

 今回の4.99兆円の利益については、「あまり胸を張っていえるようなものではない」と孫氏。ただし、「1回達成したことが1回で終わるようにはしたくない。継続してそれを上回っていけるようにしたい。改善して、たまたまと思われないようになりたい」とも言う。

 「5兆円や6兆円で満足する男ではない。10兆円でも全然満足はしない」(孫氏)