「無印良品」を展開する良品計画は、「無印良品 港南台バーズ」(横浜市)を増床し、リニューアルオープンする。関東最大の売場面積となる大型店で、関東初となる食の大型専門売り場も併設する。

 「港南台バーズ」は、JR港南台駅前に立地する商業施設。20年8月に閉店した高島屋港南台店の入居エリア分を増床し、4月22日にリニューアルオープンしている。

 その増床部分の1階と地下1階で新たに展開する無印良品は、売り場面積をリニューアル前の169坪から約1548坪に拡大。衣料品・生活雑貨を扱う1階部分は先行オープンしていて、食品・生鮮を取り扱う地下1階を5月14日に開店する。

 リニューアルにあたって同社は地域住民へのヒアリングを実施。高島屋の閉店により百貨店に変わる食品の専門売り場の開設を求める声が多く寄せられ、食の大型専門売り場を設置した店舗の出店に至ったという。関東初となる食の専門売り場ではどのようなサービスを提供するのだろうか。

●キッチンカウンターからライブ配信も

 食品売り場は、「クイーンズ伊勢丹」を展開するエムアイフードスタイル(東京都新宿区)と鮮魚チェーンの中島水産(東京都中央区)と協業して展開する。無印良品の商品のほか、地産地消をテーマに、神奈川県産の青果や地元の伝統野菜、精肉、鮮魚、総菜などクイーンズ伊勢丹と中島水産の商品約1万点を取り扱う。

 良品計画ではこれまで「イオンモール堺北花田」(大阪府堺市)、「京都山科」でスーパーマーケットを併設した店舗を開設していて、同店は3店舗目となる。協業相手としてクイーンズ伊勢丹を決めたことについて、同店の三品正洋店長は「無印良品が展開する商品・食材と、クイーンズ伊勢丹が扱うサービスに共鳴できる部分があった」と説明する。

 生鮮食品売り場には、隣接してキッチンカウンターを設置。同社初の取り組みとして、店内で取り扱う生鮮食品などを使った料理のデモンストレーションやレシピの提供を毎日実施する。調理の様子は店内のモニターや同社の公式アプリ、SNSなどでライブ配信する。

 三品店長は「コロナ禍で試食などは出来ないが、生産者と消費者の接点、地元のお客さまが集える場所にしたい」と設置した理由を話す。

 店内ではその他に、フードロスやプラスチックごみ削減に向けた取り組みを進めていく。その一環として、コーヒーやナッツなど約30種類の食品を量り売りで提供。1個ずつや1人分ずつといった少量から購入できるようにした。

 また、レトルト類や缶詰など、家庭で余った食品を回収して食べ物を必要としている団体や施設に提供するフードドライブの取り組も実施する。専用の回収ボックスを設け、回収した食品をフードバンク団体などを通じて提供することにしている。

 出店にあわせて良品計画は横浜市と包括連携協定を締結。今後行政と協力しながら、同店をはじめ市内17の店舗で地域課題の解決に向けた取り組みを実施する。三品店長は「できることから始める」とした上で、移動販売や近隣団地のリノベーションの支援などを検討していると話す。