フィリップ モリス ジャパン(PMJ)は5月13日、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用たばこスティック「マールボロ・ヒートスティック フュージョン・メンソール」(550円)を発売すると発表した。5月17日に全国のIQOSストアやコンビニエンスストアで発売する。フレーバー系銘柄を拡充し、加熱式たばこへの移行を促す。

 マールボロ・ヒートスティック フュージョン・メンソールは、3つの香りを味わえるフレーバー系メンソールタイプの銘柄。パッケージには、紫色を基調としたグラデーションを採用し、味の変化を表現したという。

 これにより「マールボロ・ヒートスティック」は全12銘柄となり、このうちフレーバー系メンソールシリーズは5銘柄となる。

 同社によるとIQOSは2021年3月時点で世界66の市場で展開し、ユーザー数は1910万人に達するという。加熱式たばこユーザーから「フレーバー系メンソール」の味わいを求める声が多く、今回新銘柄として発売することとなった。

 また5月7日から「IQOS 3 DUO」の数量限定モデルとして「IQOS 3 DUO ムーン シルバー」(6980円)を発売。5月18日からは全国コンビニエンスストアでの販売も開始する。

 本体の色にIQOSとして初となるシルバーを採用。差し色として「光り輝く夜空」をイメージしたアクアブルーと「鮮やかな夜明け」がテーマのサンライズレッドのアクセサリーをセットとした「アクセサリーセット」(7980円)もIQOSショップとオンラインストアで発売している。

 紙巻たばこから加熱式たばこへの移行を促そうと、各社がメンソールタイプの新銘柄や限定デバイスの発売に力を入れている。

 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンでは、加熱式専用たばこ「neo(ネオ)」から、「クール・エックス・ネオ・マックス・メンソール・スティック・glo hyper用」「クール・エックス・ネオ・フレッシュ・メンソール・スティック・glo hyper用」(いずれも480円)を6月7日に発売する。

 クール・エックス・ネオ・シリーズは、メンソール愛用者のブランドとして人気のあるのKOOLとコラボした銘柄。加熱式たばこデバイス「glo hyper(グロー・ハイパー)」専用の太いスティックで、強いメンソールの風味を感じられるようにした。このうち「マックス・メンソール」にはメンソールカプセルを搭載した。

 また5月31日には加熱式たばこデバイス「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」の限定モデルを発売する。「WILD(ワイルド)シリーズ」として、ワイルドアンバー、ビビットジェイド、トロピカルトパーズの3色を展開する。