通信インフラサービスのALL CONNECT(福井市)は、全国の20〜50代の男女を対象に「転職活動におけるオンライン面接」に関する調査を実施した。その結果、選考が進むにつれてオフラインで行いたいという回答割合が高くなった。

 転職活動者の理想の面接の実施方法について尋ねたところ、「オフラインで行いたい」という回答は、「一次面接」が12.7%、「二次面接〜最終の1つ手前の面接まで」が19.3%、「最終面接」が40.0%だった。

 選考が進むにつれて、オフラインで自分の思いをリアルに伝えたいという希望が感じられた。また面接担当者は、一次面接から最終面接まで全て「オンライン・オフラインどちらも」という回答が半数以上となった。

 面接担当者を対象に、オンライン面接での評価のポイントを尋ねた。その結果「声の大きさやトーン」が52.0%で最も多くなった。次いで「身だしなみ」が46.0%、「目線」が35.3%だった。

 年代別にみると、「目線」という回答は年代が上がるにつれて割合が高くなった。オンライン面接では事前に用意したメモを見たり、その場で情報を調べたりすることもできるが、オフライン面接同様、しっかりカメラ(相手)を見て話した方が会社に対する誠意や熱意が伝わるようだ。

 オンライン面接で気を付けている点は何かのとの問いに、全体で最も多い回答は「音声やカメラのチェックをする」(63.3%)だった。次いで、「身だしなみを整える」が59.0%、「早めにログインする」が54.0%となった。この3つは面接担当者より転職活動者の回答割合がそれぞれ20ポイント以上高くなった。

 転職活動者を対象に、オンラインでの転職活動に対して不安があるか尋ねた。その結果、69.3%が「不安がある」と回答した。年代別では、30代は84.0%も不安を感じており、ほかの年代と回答割合に差が出る結果となった。

 オンライン面接とオフライン面接のどちらがミスマッチが起こりやすいと思うか尋ねた。「オンライン面接」と答えた割合は、転職活動者が66.7%、面接担当者は76.0%と共に6割を超える結果に。

 オンライン面接は画面越しの情報のみとなり、人が持つ雰囲気や社内の様子を感じ取ることが難しい場合がある。お互い十分に理解できていないまま選考が進んでしまっているケースも多いと感じることもあるようだ。

 面接担当者を対象に、オンライン面接に対する気持ちを尋ねた。その結果、「音声が聞き取りづらいことがある」「会社の雰囲気などを分かってもらえるか不安」「オフラインで判断していた礼儀があるか分からない」「スキルが分かりづらい」がそれぞれ8割を超え、オンライン面接で知り得る情報の限界も感じている様子がうかがえた。

 オンライン面接を行う際の服装について、全体の回答をみると、「スーツ」「オフィスカジュアルな服装」がトップ2という結果となった。転職活動者では「服装自由」や「指定なし」となっていたとしても、「スーツ」を無難に選ぶ方が多いようだ。

 一方で、「パジャマ・部屋着」という回答も、転職活動者はトップスで5.3%、ボトムスで8.0%。面接担当者もトップスで4.7%、ボトムスで3.3%の回答があった。わずかではあるが「パジャマ・部屋着」で面接をしている人もいるようだ。

 オンライン面接を行う場所は、全体で最も多い回答は「自宅」が全体で81.7%と最多。オンライン面接で使用するデバイスは「パソコン」が81.7%だった。使用するデバイスは、年代が下がるにつれて「スマートフォン」の回答割合が高くなり、「パソコン」の回答割合は低くなった。

 コロナ禍で急速なテレワークの推進により、転職活動の面接もオンラインで行うことが増加した。しかし転職活動者の人間性や熱意などが伝わりやすいのは、オフラインだと思う人が多いことが分かった。今後は状況に合わせ、オンラインとオフラインを使い分けることが、双方にミスマッチが起こりにくい転職につながるのではないだろうか。

 今回の調査は、全国の20代〜50代の男女で直近1年間にオンライン面接を行った転職活動者または面接担当者を対象に、インターネット上で実施した。調査期間は5月10〜11日で、有効回答数は300人(転職活動者150人、面接担当者150人)。